日々スッキリ

お知らせ

不法投棄の罰則について

2016年3月9日|カテゴリー「お知らせ

片付け堂の山本です。
インフルエンザが大流行していますね。皆様も十分にお気を付けください。

さて今回は、最近起こった廃棄物に関連するトピックスで、不法投棄によって逮捕者の出たという事例がありましたので、その罰則について書かせていただきます。
3月2日のニュースで放送がされていましたが、他人の土地にごみを捨てたということで、『廃棄物処理法違反(不法投棄)』で逮捕者が出ました。
これから取調べや裁判等を行っていくことになると思いますが、何らかの罰則が科される可能性が高いと思われます。

 

ここで確認したいのは、不法投棄を行って処罰される場合、どのような罰則を受けることになるのか、というところです。

『不法投棄した場合、5年以下の懲役または1000万円以下の罰金』

これが一般的に出されている不法投棄の罰則になります。
場合や事情、規模によりますが、このような厳罰が下される可能性があります。
実際、罰則が出た実例を確認したところ、初犯で30万~50万という罰則が主でした。
但し、中には懲役刑になるものや、300万以上の罰金が発生した事例もあります。

 

いずれにしても、不法投棄をすることで人生を狂わせる可能性が高くなることは間違いありません。捨て方が分からないものや、いくらぐらい金額が掛かるのかといったところが皆様の気になるところだと思います。その場合、当社にご連絡さえいただければしっかりとお答え致しますので、お問い合わせだけでも結構ですので、お気軽にご連絡ください。お待ちしております。  

      

    kanban2

 

scroll-to-top