COLUMN

片付け堂コラム

TOP > コラム > 遺品整理
  • 大阪の遺品整理業者おすすめ8選!相場表と比較一覧で安心業者が選べる

    大阪のおすすめの遺品整理業者8選

    「遺品整理を頼みたいけど、大阪の遺品整理業者ってどんなところがあるのかな」
    「安心して任せられる優良な遺品整理業者はないかな」

    人口880万人を超える大都市・大阪には遺品整理を行う業者もたくさんあり、それぞれの業者によるサービス品質には、実はかなりの差があります。

    「見積もり金額が安かった」という基準で選んだのが悪質な業者だったために、不法投棄や高額な追加請求などのトラブルに巻き込まれた事例もあるのです。

    大切な方の遺品整理で悔いを残したくないあなたのため、本当に優良な大阪の遺品整理業者を厳選しました。

    優良な大阪の遺品整理業者

    この一覧にある8社は、「本当に信頼できる遺品整理業者を選ぶための5つのポイント」に則って選んだ業者ばかりです。

    まずはこの5つのポイントを説明したうえで、それぞれの遺品整理業者について、サービスの特徴実際の利用者の声もご紹介します。

    あなたが選ぶべき業者がきっと見つかるでしょう。

    1. 大阪の遺品整理業者の選び方

    大阪の遺品整理業者の選び方

    業者に頼んで悔いのない遺品整理を完遂させるには、信頼のできる遺品整理業者を選ぶ必要があります。

    実は、遺品整理を安心して任せられる業者には、いくつかの共通するポイントがあるのです。

    不法投棄や高額な追加請求などのトラブルに巻き込まれないよう、必ず以下のポイントを叶えている遺品整理業者を選んでください。

    ・「遺品整理士」の資格を持っていること
    ・電話やメールの対応が丁寧なこと
    ・現地見積もりで追加請求のないこと
    ・処分方法について情報公開や事前説明があること
    ・相場と比較して適正料金であること

    それぞれ順に詳しく見ていきましょう。

    1-1. 「遺品整理士」の資格を持っていること

    遺品整理には、専門の資格があります。
    信頼できる業者選びでまず最初に押さえておくべきなのは、遺品整理を専門業務として行う「遺品整理士」という資格を持っている業者を選ぶことです。

    遺品整理士の資格は一般社団法人遺品整理士認定協会で与えているものです。養成講座で専門知識を学び、認定試験に合格した人だけが持つ資格になります。

    遺品整理士の資格があることで期待できるのは、主に以下の内容です。

    ・遺族への配慮がある
    ・遺品と不用品とを適切に仕分ける
    ・法律を厳守した手順で遺品を整理する
    ・故人宅の清掃をする
    ・賃貸物件における原状回復をする

    形見分けや供養など、心を込めて行いたい遺族の気持ちを汲みとりながら、遺族にとって必要な方法や作業を的確に行ってくれるでしょう。

    また、遺品整理士が在籍しているだけでなく、さらに実績のある事業所は、遺品整理士認定協会から「優良事業所」の認定を受けていることもあります。

    1-2. 電話やメールの対応が丁寧なこと

    電話でもメールでも、対応に少しでも「雑さ」を感じる業者は、決して選ぶべきではありません

    雑な対応というのは、例えば返事が遅い、言葉遣いが横柄である、こちらの名前を間違える…などです。少しでも違和感を覚える場合は、その業者には頼まない方がいいでしょう。

    故人の遺品を丁寧に扱ってくれるかどうかに加え、自分以外の周囲への配慮にも心配が残ります。

    特に老人ホームなどの施設からの退去の場合は、他の居住者をあまり刺激しないように配慮しながら、迅速かつ確実に作業してもらう必要があります。
    一般住宅であっても、騒音や路上駐車、ゴミ出しへの配慮など、お金を出した依頼主以外への配慮がないことで、後に依頼主であるあなたがご近所トラブルに巻き込まれることもあるのです。

    また、特殊清掃を伴う作業の場合は、細部まで自発的に目や心を配れる業者でないと、清掃残りなどがあっては後に大きな問題になってしまいます。

    対応の丁寧さは、どれだけ遺族ファーストで対応し、傷心の遺族の代理として周囲への配慮をしてくれる業者であるかの目安になるものです。

    もしも対応の丁寧さと見積もり料金でどちらかの遺品整理業者に迷うような時には、必ず対応の丁寧な業者の方を選ぶべきです。

    1-3. 現地見積もり後に追加請求をしないこと

    必ず現地を見たうえで見積もりを出してくれる業者に依頼しましょう。

    電話やメール、見積もりフォームからの申告内容だけで安い見積もりを出してくる業者に飛びつくのは、のちにトラブルを生む危険があります。

    一般に、遺品整理の料金は基本的な部屋数による人件費と、想定される買取品や不用品の内容一式で概算を算出しています。

    しかし部屋の大きさに対して荷物が多いのか少ないかの判断は、素人には主観でしか言えません。
    また、回収に費用のかかる不用品などは、こちらが申し込みの際に気がつかなければ伝えることもできません。

    見積もり金額が安いからと飛びつくと、現場で作業をしながらあれこれと追加請求が発生してくるでしょう。しかしすでに作業が始まっている状態では、どんな追加請求があっても断りにくいものです。
    悪質な業者では、現場で逐一遺族の確認を得ずに、最後の支払い料金の請求段階で初めて追加料金を提示してくることもあります。

    現地を見てからの見積もりを徹底している遺品業者は、プロとしての責任から追加請求を行いません

    遺品整理の仲介サイトの手数料に注意して下さい

    1-4. 処分方法について情報公開や事前説明があること

    どの遺品が買取可能で、どの遺品は不用品として回収するのか、大まかでも事前に説明があると、思い違いを防ぐことができます。

    買取してもらえると思っていた電化製品が、思っていたよりも製造年が古い場合、リサイクルと収集・運搬に手数料がかかることになります。
    また、介護用ベッドなども、どんなに高価で購入したものであっても中古品は人気がなく、買取手がつかないため解体・廃棄処分になるものです。

    故人の思い入れの深い日用品については、形見分けのほかに供養をお願いすることもできます。
    単なるゴミとしてほかのものとまとめて処分されてしまうことのないよう、処分方法について公式サイトで情報公開していたり、見積もり訪問時にきちんと事前説明をする業者であれば、安心して遺品整理を任せることができるでしょう。

    1-5. 相場と比較して適正料金であること

    まずは大阪府で遺品整理業者を依頼した場合の、間取りごとの相場をご覧ください。
    遺品整理にかかる料金の大部分は人件費であり、中にある荷物の量や汚れ具合などに影響されるものではありますが、大体の目安にしていただけることでしょう。

    大阪の遺品整理相場

    参考:みんなの遺品整理

    大阪府は業者が多く競争が激しいため、全国平均よりも相場が安い傾向にあります。

    この相場料金一覧はあくまでも目安ですが、見積もりを出してもらった際に、あまりにも金額が相場と違いすぎるところは、必ず理由を問い合わせましょう。

    安いからと安易に飛びつかず、また逆に高い場合は、特に自分たちには必要のないオプションがついていることもあります。

    見積もりはあくまでも料金の内訳を確認するためのもの。
    資格があることや対応の丁寧さの方が、後のトラブルや後悔を避けることになるので、先に挙げた判断ポイントをよく踏まえて、信頼できる業者を選んでください。

     

    2. 大阪のおすすめの遺品整理業者8選

    第1章でお伝えした遺品整理業者の選び方ポイントを踏まえ、ここでは、冒頭の8社に各項目の評価点数をつけました。評価の高かった順番にサービスの特徴や実際の利用者の声をご紹介していきますので、どうぞ参考になさってください。

    2-1. 片付け堂

    大阪の遺品整理業者の片付け堂

    出典:片付け堂

    「片付け堂」は島根県発祥で全国にフランチャイズチェーンを展開している、安心の全国ブランドです。中でも片付け堂大阪店は、大阪市の一般廃棄物収集運搬業許可を所有する数少ない不用品回収業者のひとつ。
    遺品整理にとどまらず、買取、ハウスクリーニング、解体、リフォーム、外構工事などさまざまな業務をワンストップで依頼できるため、故人の想いと遺族の悩みをまるごと解決することができます。

    【片付け堂の評価】

    遺品整理業者の片付け堂の評価

    【片付け堂の特徴】

    特徴①遺品整理にまつわる各種資格や許認可を所有

    遺品整理のプロフェッショナルとして遺品整理士の資格を取得しているのはもちろんのこと、遺品を整理した後に不用品となった物の収集運搬においても、全国の市町村から認可を受けています。さらに買取にあたって必要な古物商の許可も取得しているため、遺品整理にまつわるすべての事柄を、適正な手順と体制で行うことができるのです。

    特徴②LINEビデオ通話を使った簡易見積もり

    メールや電話など、素人の口頭では抜けてしまったり説明しづらかったりする現場の状況を、LINEのビデオ通話機能を使って大まかに把握し、簡易見積もりを出すことができます。正確な見積もりは現地を確認したうえで算出しますが、訪問前にプロの目で見たおおよその目安金額がわかるのはうれしいところ。もちろん、LINEでも訪問でも、どちらの見積もりも無料で行います。

    特徴③姉妹ブランドでさらなる高価買取を提案

    遺品整理で買取が発生するのはよくあることですが、高価なものも安価なものも一括買取でまとめて回収され、値段をつけられてしまうケースもあります。片付け堂では、さらなる高価買取をご希望の方向けに、姉妹ブランドである「買取専門リサイクルショップ 買取り堂」での、宅配買取の利用を提案することができます。

    【片付け堂の利用者の声】(要約)

    利用者の声①自治体の紹介があるのも納得の対応

    コールセンターの女性の声を聞いただけで、しっかりとした会社だなと感心させられました。分からないことなどについても一つずつ丁寧に教えていただき感謝しております。我が家の場合は、こちらの要望も聞いて頂き予定を組んで下さり迅速にお見積もしていただき助かりました。
    料金に関しては、それなりに回収品の量があり、老人二人では出来ないことを考えるととても助かりました。作業していただいた方も色々とお心遣いいただき感謝の気持ちで一杯です。最初から最後までしっかりとした対応をしいただき、市役所からの紹介があるのも納得でした。

    利用者の声②初めての不安を払拭してくれストレスなし

    初見での見積もりの時点から作業終了まで感じの良い応対でストレスなく終わることが出来ました!
    LINEでのやりとりも丁寧な言葉遣いが好印象でした♪大変なお仕事だと思いますが、スタッフの皆さんがとても礼儀正しくスムーズに仕事をこなしてくれたおかげでさっぱりしました!お値段も良心的な価格だと思う。

    利用者の声③藁にもすがる思いだったのが大満足な結果に

    父母が亡くなり10数年。未整理のまま放置していた荷物が沢山あり困っていました。藁にもすがる思いで何件かインターネットで見つけた業者の中から、電話対応からとても丁寧かつ親切に相談を聞いて頂いた片付け堂さんに下見を依頼させて頂きました。下見当日も分かりやすい説明と料金提示をして頂きいざ回収当日もスムーズな対応にとても感謝しております。数ある業者の中には回収当日に高額な費用を請求されるなどの話を聞いており不安要素もありましたが、結果的に片付け堂さんに依頼をし満足しております。ありがとうございました。

    【片付け堂大阪店の会社概要】

    費用 1K:35,000円〜
    2LDK:140,000円〜
    4LDK:220,000円〜
    対応エリア 大阪市全域
    対応時間 電話:朝8時半〜17時半、メール:24時間受付
    電話番号/所在地 0120-3310-55/大阪府大阪市鶴見区今津北3丁目3−番13号
    webサイト 片付け堂の公式サイトはこちらからどうぞ

     

    2-2. アステル

    アステル

    出典:ASTEL(アステル)

    アステルは、見積もりから作業まで一貫して同じスタッフが対応してくれる専任スタッフ制を導入。遺品整理士の資格所持に加え、認定協会から優良事業所の認定も受けています。丁寧で親身な対応に定評があり、遺族ファーストな姿勢は相場よりも安い設定金額にも現れています。

    【アステルの評価】

    アステルの評価

    【アステルの特徴】

    特徴①作業中の「万が一」に備えた損害保険加入

    丁寧で迅速な作業に定評があるアステルですが、故人の人生や生活を物語る大切な遺品やお部屋を万が一でも傷つけてしまった場合に備えて、損害保険に加入しています。遺族には少しでも安心してもらいながら、毎回の現場で常に緊張感を持ってすべての遺品を丁寧に取り扱います

    特徴②自社整備自社販売で自動車・バイクを高価買取

    戸建て住宅の遺品整理で出てくることの多い自動車やバイクなどは、自社で整備から販売まで一貫して行います。代理店手数料が発生しないから、どこよりも高く買取が可能。特に趣味性の高いバイクなどがある場合は、この買取金額が遺品整理費用の大きな助けになることもあります。

    特徴③遺族を焦らせないわかりやすい見積もり

    たった一度しか行えない遺品整理で遺族に悔いが残ることのないよう、見積もり項目のひとつひとつを丁寧に説明します。強引な営業はしないことをモットーにしているため、遺族がきちんと検討するための時間を作ります。遺品整理のプロとしての経験と自信があるため、追加請求も発生しません

    【アステルの利用者の声】(要約)

    利用者の声①ひとつひとつの取り扱いが丁寧で気持ちいい

    7LDKの戸建てに残っていた遺品をまるごと整理いただきました。スタッフの方たちが大変、気持ち良い応対でした。トラックの入りづらい細い道でも嫌な顔もせずスムーズに出入りして頂きました。品物一つ一つの取り扱いも丁寧で作業についての説明も丁寧でした。
    作業は8名来ていただきましたが皆さんとても気持ちの良い人達でした。また、わがままも気持ち良く受け入れて頂きました。とても良い会社だと思います。

    利用者の声②迅速丁寧かつ明朗会計で安心

    見積りに来られた方がとても親切丁寧で、詳細や疑問等全てクリアにできましたので、安心してご依頼する事が出来ました(一番気にしていた、費用についても明朗会計、追加無しで助かりました)
    作業も暑い盛りにご対応頂き、迅速丁寧なお仕事でこちらが見つけられていなかった、故人の若い頃の写真など、貴重品も残す事ができました
    また、家財道具の廃棄以外にも家屋の清掃まで行って下さり、見違えるような状態にして頂けました。

    利用者の声③エレベーターのない住居でも素晴らしい対応

    階段しかない5階の団地でしたが、多くの人数を手配していただき、手早く作業してもらいました。いろいろなゴミもため込んでいた部屋が、キレイになり、とても広く感じられました。写真やアクセサリー類も取り置いていただけるなど、心遣いいただき嬉しかったです。

    【アステルの会社概要】

    費用 1K:30,000円〜
    2LDK:70,000円〜
    4LDK: お問い合わせください
    対応エリア 関西一円(臨機応変に対応)
    対応時間 電話:朝9時〜21時、メール:24時間受付
    電話番号/所在地 0800-080-8001(フリーダイヤル)/大阪府大阪市西淀川区大和田3丁目3-8
    webサイト アステルの公式サイトはこちらからどうぞ

     

    2-3. プログレス

    プログレス

    出展:プログレス

    プログレスは全国でサービスを展開している遺品整理業者で、その実績は年間5,000件を超えています。遺品整理士や特殊清掃士が在籍しているだけでなく、遺品整理士認定協会から認定を受けている優良事業者です。

    【プログレスの評価】

    プログレスの評価

    【プログレスの特徴】

    特徴①専任スタッフ制で一貫した責任対応

    見積もりに来て要望を聞いたスタッフが「お客様担当」となり、遺品整理の実作業から遺品のご供養、リフォームなどのアフターフォローまですべてのサービスを一貫して担当します。
    細かい要望をきちんと受け止めつつ、遺族の立場にたったより良い提案ができるのは、担当ご遺族のことを終始考えている専任スタッフだからこそ。ご遺族の想いをとりこぼしません。

    特徴②独自システムと骨董品鑑定士による高価買取

    国内外における独自のリサイクルシステムで遺品の廃棄を減らし、さまざまな再利用を実現。環境問題や遺族の気持ちへの配慮という側面に加え、処分費の削減によって作業料金を低価格に抑えて遺族を助けます。
    また、故人が趣味で収集していたものなど、本人でなければ正しい価値の分からないものを、プログレスは見逃しません。鑑定歴40年という熟練の骨董品鑑定士が、遺品の中から価値ある物を見極めて適正査定。古い楽器に7万円以上もの値打ちがあることを見出すなど、幅広いジャンルの遺品を高価で買取します。

    特徴③見積もり後の追加請求を一切しない明朗会計

    養生、仕分け、貴重品の探索、処分品の処理、清掃、供養まで、通常作業としてすべてが基本料金に含まれています。しかも一度出した見積もりはそのまま請求額のお約束となり、追加料金は一切取りません。買取品があれば見積もり額から引かれるので、見積もりよりも安く済むケースが多いのです。

    【プログレスの利用者の声】(要約)

    利用者の声①遺族の気持ちを慮りながらの手早い作業

    一番嬉しかったのは、家族の遺品を整理するというこちらの心情がどんなものか理解をしていただいた上で、温かい対応をしてくれたことでした。お見積りに来てくれた方も、作業に来てくれた方もこちらの気持ちを大切に進めてくれたのがとても印象的で記憶に残っています。丁寧な対応でも、作業は手早く行っていただき、見ていても安心してお任せ出来ました。

    利用者の声②一度算出した見積もりを上回る請求がないのが安心

    周囲の方に、遺品整理を業者に委託する際には、最終的な請求額が当初の見積もりを大きく上回ってしまうことも度々あるということを伺っていましたので、そのあたりも心配しておりましたが、こちらの都合による量の増加やオプションサービスの追加などないかぎり、一度算出して頂いたお見積りを上回る請求をされることはないという点も気に入りました。

    利用者の声③作業中のスタッフ同士が丁寧語で好感度大

    お見積りの時も作業の時もとにかくスタッフさんが好感を持てる対応をしてくださいます。とにかく言葉遣いや応対が気持ちいいこと!見積り自体も分かりやすく説明も丁寧ですし、作業も最後のお掃除までしっかり行ってくれるので満足しています。

    【プログレスの会社概要】

    費用 1K:28,000円〜
    2LDK:88,000円〜
    4LDK:178,000円〜
    対応エリア 全国
    対応時間 電話:朝8時〜20時、メール:24時間受付
    電話番号/所在地 0120-995-164/大阪府大阪市西区立売堀2-4-5
    webサイト プログレスの公式サイトはこちらからどうぞ

     

    2-4. マレリーク

    マレリーク

    出展:マレリーク

    マレリークは近畿地域一帯で遺品整理・特殊清掃・生前整理を専に、特に大阪・京都・兵庫・奈良を中心に、地域密着でサービスを展開しています。遺品整理士認定協会から認定を受けた優良事業者で、在籍スタッフの多くは実務経験10年以上という、経験豊かな業者です。

    【マレリークの評価】

    マレリークの評価

    【マレリークの特徴】

    特徴①最短30分で現地訪問できる対応の早さ

    電話やメール、LINEなど問い合わせが入ると、全社員に瞬時に共有されるため、概算見積もりの算出から現場への急行まで、迅速な各種対応が可能です。現場担当者の直通ダイヤル(携帯電話)も公開しているため、今すぐに見積もりに来て欲しいというケースにも対応可能。遺品整理にまつわる「今すぐどうにかしたい」という気持ちに応えます。

    特徴②自社リサイクルショップで高価買取

    大阪に店舗を構える総合リサイクルショップ「ネオプライス」を自社運営しているため、他社を上回る買取品目の多さに自信があります。幅広い遺品の買取を高価提示できるから、遺品整理の料金負担を軽減することができます。

    特徴③デジタル遺品整理にも対応

    マレリークでは、各種デジタル遺品の整理にも対応しています。

    ・パソコンのデータ移行
    ・パソコン強制初期化
    ・パソコン廃棄
    ・インターネットサービスのID、パスワード調査
    ・Windowsログインパスワードの解除
    ・携帯電話、スマートフォンのパスワード解除

    SNSだけでしか連絡先のわからない相手がいる場合、ネットを使って副業をしている場合など、故人に関する重要な情報のほとんどがデジタル化しているため、デジタル遺品の整理ができる業者は頼りになるでしょう。

    【マレリークの利用者の声】(要約)

    利用者の声①若いスタッフがキビキビと働いてくれた

    実際に始めてもらうまでは若干の抵抗を感じていましたが、体力的にも頼らざるを得ない分、お願いして良かったと実感しています。親類とも離れて住んでいる分、若い方々に早々に済ませて頂きホッとしています。一度も引越しをしておらず荷物も多くありましたが、多数引き取りをして頂き有難うございました。

    利用者の声②立ち合いなしでも経過報告に安心

    5DKの戸建ての遺品整理をお願いしました。今回はありがとうございます。
    見積もりの段階から穏やかにこちらの意向を聞く姿勢で感じの良い対応していただきました。
    料金も良心的だったと思います。
    実際の作業も立ち合いできなかったのですが、都度連絡をくれてきっちり作業していただけました。

    利用者の声③経験豊富で丁寧な対応に不安が飛んだ

    遠方に住んでおり、電話でのやり取りが中心になるためどうかなと当初は不安もありましたが、慣れている様子で細かい要望にも丁寧に対応してくださり、最後まで安心してお任せすることができました。
    物が多かったですが丁寧な遺品整理・片付けだけでなく、車の売却も併せて対応して頂けて大変助かりました。

    【マレリークの会社概要】

    費用 1K:35,000円〜
    2LDK:120,000円〜
    4LDK :170,000円〜
    対応エリア 大阪、京都、奈良、兵庫、滋賀
    対応時間 電話・メールとも24時間受付
    電話番号/所在地 0120-994-287、080-5786-7510(現場担当直通ダイヤル)

    大阪府寝屋川市香里南之町21-9 田島ビル1F

    webサイト マレリークの公式サイトはこちらからどうぞ

     

    2-5. EXSIA(エクシア)

    エクシア

    出展:エクシア

    エクシアは近畿全域で遺品整理と特殊清掃の専門業者としてサービスを展開しています。若いスタッフが多く、最短で見積もり当日に作業をすることも可能。2年連続受注件数関西ナンバー1の実績を誇り、利用者からの紹介が多いのも強みです。大切な方を亡くした遺族のための心理カウンセリングを業界で初めて設けるなど、遺族に寄り添った革新的なサービスを生み出しています。

    【エクシアの評価】

    エクシアの評価

    【エクシアの特徴】

    特徴①選べる安心オプション「女性スタッフサービス」

    オプションサービスのひとつとして、女性スタッフに来てもらうことができます。大切な人のお見送りを済ませたばかりでナーバスになりがちな遺族の中には、体の大きな男性ばかりに何人も来てもらうのは怖い…と言う場合もあるでしょう。男性スタッフの頼もしさに加え、女性らしい細やかな心配りで和やかに遺品整理を進めることができます。

    特徴②直営の大型総合リサイクルショップで買取

    奈良市内に大型総合リサイクルショップ「買豊堂」を自社直営で持っているため、幅広いジャンルの物品の高価買取を可能にしています。自社直営なので仲介手数料がかからないから、査定額がそのまま買取額に反映します。ほかにも支援物資として海外に輸送することで、遺品をしっかり次へと受け継いでいきます。

    特徴③遺族の心に寄り添う無料のオプションサービス

    基本料金には交通費、作業費、運搬費のすべてが含まれています。
    また、無料でつけられるオプションサービスの中には「作業完了後15分間の軽作業」「ダンボール2個までの合同供養」といった物理的に助かるものから、「初回カウンセリングサービス」「国家有資格者への遺産相続の相談」など、精神面でも遺族の支えになろうとする姿勢が実際のサービスになって現れています。

    【エクシアの利用者の声】(要約)

    利用者の声①印象に残る暖かい対応とスムーズな作業に感謝

    母の遺品整理を専門の業者に依頼しようと決め、何社かに見積もりをお願いしたのですが、その中で親身になって私の話に耳を傾け、まるで家族のように接してくださったことに感動してエクシアさんに決めました。 事務的な対応が多い中、その温かい対応は非常に印象的でした。また丁寧でありながらも作業は非常にスムーズで見積もりも10分ほどで完了しました。 「エクシアさんにして良かったね!」と今でも家族で話しております。

    利用者の声②女性スタッフサービスが安心でありがたい

    長年、娘の死を受け入れることが出来ず、ずっと手をつけられずにいた遺品整理をエクシアさんに依頼することにしました。娘はまだ10代で男性があまり得意ではなかったため、きっと女性に作業してもらう方が喜ぶだろうと、女性スタッフサービスを利用することにしました。
    当日は娘を亡くした私たち夫婦への気遣いまでしていただき、女性ならではの細やかさに夫婦で感激いたしました。娘も女性スタッフに作業してもらえて安心だったと思います。

    利用者の声③遺族の何気ないひと言を覚えていてくれた

    全て丁寧に対応してくれる業者だと思います。遺品整理をお願いしました。
    ひとつひとつの物を丁寧に扱ってくださいましたし、作業前に故人の写真が見つからないという話をしたのを覚えていてくれて、見つかった際にはすぐに教えてくださいました。おかげさまで気持ちの整理をつけるきっかけになったと思います。

    【エクシアの会社概要】

    費用 1K:25,000円〜
    2LDK:120,000円〜
    4LDK:170,000円〜
    対応エリア 全域:大阪、京都、奈良/一部:兵庫、滋賀、和歌山
    対応時間 電話:朝8時〜20時/メール:24時間受付
    電話番号/所在地 0120-77-2345/大阪府大阪市中央区釣鐘町1-5-9-504
    webサイト エクシアの公式サイトはこちらからどうぞ

     

    2-6. スターチス

    スターチス

    出展:スターチス

    スターチスは大阪府和泉市に拠点を構える遺品整理業者です。遺品整理士や特殊清掃士のほか、他社では断られることの多い遺品自動車の買取に対応するため、整備士資格の所有者までもが在籍しています。遺品整理士認定協会から認定を受けた優良事業者です。

    【スターチスの評価】

    スターチスの評価

    【スターチスの特徴】

    特徴①提携会社との連携で遺品整理をトータルサポート

    広範囲に渡る数多くの提携会社との連携で、故人やご遺族の気持ちを汲み、遺品をゴミにしてしまわないサービスを提供。
    物の片付けとしての遺品整理が終わると出てきがちな、リフォームや解体といったさまざまな悩みにも対応します。

    特徴②幅広い買取対応で低価格を実現

    他社では買い取りを断られてしまう物品でも、スターチスなら独自の流通ルートを確保しています。また、自動車整備士の資格者による本格査定を行うため、自動車・バイク等も買取対応できるのが強み。小家具から古美術まで、多彩な買取品を扱うことで見積もり金額から大きく差し引くケースも多くあります。

    特徴③すべての費用が含まれた明確な料金設定

    見積りにくるのは、経験の豊かな専門スタッフ。部屋数、物量、搬出経路、遺族の要望や小さな願いなど、さまざまな観点から実質作業必要費を丁寧に計算して見積もり。すべての費用が含まれているので、追加費用が発生しないばかりか、そこから買い取り金額分を値引きします。

    【スターチスの利用者の声】(要約)

    利用者の声①作業が素早く対応が好印象

    お電話したら当日すぐに見積もりに来てくれて助かりました。スタッフの方がテキパキと気持ちよく作業していただきました。感じもよくて困っている方がいれば紹介したいと思える業者さんでした。

    利用者の声②女性スタッフのきめ細かい心配りに感謝

    仕分けや貴重品捜索、家財の搬出など手際よく進めていただき、女性スタッフの方が、衣類を季節ごとに分節して梱包していただいたのがありがたかったです。
    もう使わなくなった家具や食器も専門の販路があるようで、リユースや活用をしていただけるとのことで、思い出のある物たちが誰かに利用いただけると思うと嬉しく思います。利用料金も想定していたよりもリーズナブルで満足です。

    利用者の声③話を熱心に聞いてくれる

    見積りにきてくれた代表の方がこちらの話しも熱心に聞いてくれた事と、同じ市内に会社があるとの事でお願いをいたしました。
    当日は食器棚の入れ替えも快く引き受けてくださりました。終わった後はきれいに掃除もしてくださり、賃貸物件の整理だったこともあり助かりました。

    【スターチスの会社概要】

    費用 1K:30,000円〜
    2LDK:80,000円〜
    4LDK:150,000円〜
    対応エリア 大阪、京都、奈良、和歌山、兵庫、滋賀
    対応時間 電話:朝7時〜22時、メール:24時間受付
    電話番号/所在地 0120-949-194/大阪府和泉市葛の葉町3丁1-56-101
    webサイト スターチスの公式サイトはこちらからどうぞ

     

    2-7. メモリーズ

    メモリーズ

    出典:メモリーズ

    メモリーズは、毎年年間1,000件超を誇る作業実績のある遺品整理業者です。処分品を徹底的に排除することにより、遺族への還元だけでなく地域社会にも貢献しています。代表者は遺品整理士認定協会で臨時講師を務めることもある、遺品整理業界のトップランナー。遺品整理に対する想いと丁寧さは群を抜いています。

    【メモリーズの評価】

    メモリーズの評価

    【メモリーズの特徴】

    特徴①透明性の高い作業品質と料金

    メモリーズの遺品整理は、作業後の追加請求が一切発生しません。そして遺族の希望があれば、作業現場から合同供養まで、すべての現場にだれでも自由に立ち合うことができます。どの現場にいつだれがやってきても、見積もり項目と一致した誠実な対応をしている自信の現れと言えます。

    特徴②遺族を守るデジタル遺品の解読

    IDやパスワードがわからずに放置されることも多い、PCやスマホなどのデジタル遺品。有料サービスの自動引き落としが解約されないまま、後にトラブルになることもあるのです。メモリーズではIT部門を設けて、IDやパスワード解析のお手伝いをし、有料サービスの解約手続きを代行してくれます。

    特徴③不用な家財道具の無償譲渡で支援活動

    不用品として回収することになったものの、まだ使える家具や電化製品・日用品は、リサイクル買取をして支援物資にしています。高齢者の一人住まいなどで必要な生活用品が不足している家庭に対し、自治体からの要請などを受けてリサイクル買取品を無償で提供。廃棄処分を徹底的に減らすことで、遺族と地球と地域に貢献しています。

    【メモリーズの利用者の声】(要約)

    利用者の声①処分せずに済んで気分が楽になった

    たくさんの荷物でしたが(まだ使えそうなものだったので)リサイクルなどですべて処分せずに済み、気分的に楽でした。御社の社会貢献という理念に共感いたしました。今後ともぜひお願いいたします。

    利用者の声②うわさ通りの丁寧な対応に感謝

    とても丁寧できちんとした対応。価格面でも満足しました。言葉遣いもよかったです。以前に祖母の自宅の整理を母が貴社にお願いし、とてもよかったので紹介してもらい、この度の機会を得ました。今後も引き続き頑張ってください。

    利用者の声③しっかりとした養生に安心してお任せ

    大阪で遺品整理をお願いしたものです。対応はもちろん遺品を大切に扱って頂きました。養生などもしっかりしていたので、ハラハラすることなく搬送を任せることができました。次は不用品などでてきましたら、お任せしたいと思います。

    【メモリーズの会社概要】

    費用 1K :41,800円〜
    2LDK:165,000円〜
    4LDK:220,000円〜
    対応エリア 関西エリア、南関東エリア、中部エリア、中国四国エリアなど全国25都府県
    対応時間 電話・メールとも24時間受付
    電話番号/所在地 0120-232-580/大阪府堺市堺区緑町2丁121
    webサイト メモリーズの公式サイトはこちらからどうぞ

     

    2-8. パワーズ

    パワーズ

    出展:パワーズ

    大阪市内で遺品整理サービスの業績ナンバー1であるパワーズの特徴は、業界最安値保証と、遺品の行方を追跡調査できることです。低価格ながら金額以上の満足感を得られる遺品整理業者です。

    【パワーズの評価】

    パワーズの評価

    【パワーズの特徴】

    特徴①独自ネットワークにより業界最安値を保証

    パワーズでは、母体である株式会社mobilityのグループ・ネットワークを駆使することで、中間手数料などの経費を削減。高い作業品質を保ちながらも業界最安値保証でのサービス提供を実現しています。
    不用品の回収や買取においてグループシナジーを活用することで、処分する遺品を無駄なく活かし、遺品整理の料金を抑えることに成功しているのです。

    特徴②遺族の想いを汲んだ海外支援物資

    不用ではあるけれど、だれか使いたいという人があれば使ってもらいたい…という遺族の想いを汲み取り、布団や衣類などは外国への支援物資として提供するなど、遺族が満足できる形での活用法を提示してくれます。また、有料にはなりますが、遺品の行方を最後まで報告してくれるので、捨ててしまったかもしれないものがもう一度笑顔を生む姿を確認することができます。

    特徴③6つのオプション料金が無料

    エアコンの取り外しや簡単な清掃・消臭作業といった退去時に発生するオプションを始め、遺品の合同供養、貴重品や重要書類の郵送などを無料で受けることができます。
    利用者の立場に立った細かなオプション作業が無料で行えるため、最終支払い額に差が出ます。

    【パワーズの利用者の声】(要約)

    利用者の声①母がつけていた日記をデジタル化保存

    母の優しい気持ちや言葉が見られる育児日記とも取れるものだったので、どうしても捨てる事ができませんでした。そこでパワーズさんからデジタル化のご提案があり、2週間後CDにデータを入れて頂き送られてきました。デジタル化にして保存して良かったと思います。

    利用者の声②大量の布団を海外物資支援として依頼

    海外物資支援団体のワールドギフトへ支援の代行を依頼させていただきました。快く引き受けていただき感謝しています。ただ処分するのではなく誰かの役に立つことを強く望んでいたのでパワーズさんに依頼して本当に良かったです。

    利用者の声③幅広い宗派に合わせた供養に対応

    私達の家計はキリスト教(カトリック)なのですが、本来遺品供養という習慣はございません。しかし、なんとなく父の愛用品を眺めていると、ただ捨てるのももったいなく感じたので、寄付と寄付できないものは供養をお願いしました。パワーズさんも初めての宗派とのことで牧師さまを探して頂き、教会で無事お祈りをして頂けたとのことでした。

    ※現場で作業をする中での提案が多いため、担当者の経験や知識によっては必ず同じ提案があるとは限りません。

    【パワーズの基本情報】

    費用 1R:10,000円〜
    2LDK:35,000円〜
    4LDK:80,000円〜
    (各種キャンペーン割引あり)
    対応エリア 大阪、京都、奈良、和歌山、兵庫
    対応時間 電話:365日夜7時まで、メール:24時間受付
    電話番号/所在地 0120-448-021/大阪市淀川区塚本3-1-24 1F
    webサイト パワーズの公式サイトはこちらからどうぞ

     

    3. 【注意】公開している概算料金より見積もり額が上がる3つのケース

    公開している概算見積と異なるケース

    大阪で信頼して依頼できる遺品整理業者がわかり、だいたいの料金目安もわかったところですが、この記事をここまで読んだ方の中には「この中で一番安いところに頼もう」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    遺品整理の現場では、どれひとつとして「まったく同じ条件」の案件は存在しないため、実はwebなどで公開している概算料金が、そのまま当てはまることはまずありません

    ここでは、webで公開している安い概算料金が、実際の現場を見たときに上がってしまう主なケースをご紹介します。

    ・荷物の量が多い
    ・搬出口から車両までの距離が遠い
    ・回収する不用品の量が多い

    どのケースにおいてどれくらい料金が上がるかは、遺品整理の業者ごとに異なります。
    まずはそれぞれ、どうして費用がかさんでしまうのか、詳しく見ていきましょう。

    3-1. 部屋数に対して荷物の量が多いと金額が上がる

    多くの遺品整理業者が、間取りで概算料金を公開しています。
    しかし、一般的に想定されるよりも部屋の中の荷物の量が多い場合は、作業人数を増やしたり、作業時間が長くなったりするために、実際の作業料金が高くなります。

    故人が多趣味だったり、読書家で書籍の量がとても多かったり、または高齢でゴミ出しが億劫になってゴミが散乱していたりなど、荷物が増えてしまう理由は様々です。

    なお、生前整理が住んでいたり、断捨離をして常にコンパクトに暮らしていたりすれば、webで公開している概算料金ぽっきりで済む場合も多いです。

    3-2. 荷物の搬出口から車両までの距離が遠いと金額が上がる

    集合住宅の場合、建物の何階の部屋であるか、エレベーターはあるかなどで、作業にかかる時間が変わってきます。
    例えば低層階建ての集合住宅で、エレベーターのない4階部分となると、作業は狭い階段を何度も上り下りして進めることになるため、人手を増やすか時間を延長させる処置が取られます。

    また、戸建住宅であっても、一方通行の狭い通りに面した住居などで建物の前に搬出車両をおくことができない場合は、やはり人数を増やすなどしないと作業がはかどらないため、人件費がかかってきます。

    webなどで公開している概算料金には、通常こうしたケースを含んでいないので、該当する場合は公開料金よりも高くなることに注意してください。

    3-3. 回収する不用品の内容や量によって金額が上がる

    不用品の回収には、自治体によって定められた手数料がかかります。
    年式の古い電化製品一式や、一般的な量の不用品の回収にかかる手数料は概算の中に含まれていることが多いです。しかし、例えば物が捨てられない性分で、古いトースターや炊飯器が何台も出てくるなど、一般的な想定以上に回収する不用品の量が多かったりする場合もあるのです。

    現地見積もりにきてもらった際に、上述のようなケースがあると、概算料金やほかのだれかの経験値は当てはまらないのです。

    まとめ

    大切な人の遺品整理を安心して任せることのできる、大阪の遺品整理業者8社をご紹介しました。
    どこも丁寧な対応や買取によって遺品整理の支払い負担を減らそうとする、良心的な業者ばかりです。

    故人のたった一度きりの遺品整理で悔いを残さないため、必ずご自身の目と耳で以下のポイントを押さえ、信頼できる業者を選んでください。

    ・「遺品整理士」の資格を持っていること
    ・電話やメールの対応が丁寧なこと
    ・現地見積もりで追加請求のないこと
    ・処分方法について情報公開や事前説明があること
    ・相場と比較して適正料金であること

    この記事が業者選びのお役に立ち、あなたの遺品整理が満足して終えられることを祈ります。

  • 遺品整理の料金相場とは?オプション回収費用のワナ!安い業者の選び方

    遺品整理の料金相場

    遺品整理に慣れている人はほぼいないため、いざ遺品整理を業者に依頼しようとすると費用についても不安を感じるケースも多いのではないでしょうか。この記事は、遺品を整理したいと考えている人に向け、遺品整理の料金相場を解説しています。料金はどのように決まるのか、安い業者の選び方、おすすめの遺品整理サービス業者などについて解説しているのでぜひ参考にしてください。

    遺品整理サービスとは

    遺品整理サービスとは

    遺品整理サービスは単なる不用品回収と異なり、さまざまなサービスが含まれています。

    遺品処分

    遺品処分は遺品整理のなかでメインのサービスです。遺品のなかから不用品を整理して運び出し処分してもらえます。遺品処分後の簡単な片付けや床の清掃などを含めてサービスを提供している業者も多くあります。

    リサイクル品の買取り・回収(総合型業者のみ)

    総合型の業者では、リサイクルできる家電や家具、貴金属、骨とう品などの買取りもしてもらえます。買取り額を費用から差し引いてもらえる点がメリットです。

    ハウスクリーニング・リフォーム(総合型業者のみ)

    遺品整理後に本格的なハウスクリーニングを行ってくれる総合型の業者もあります。ただし、不用品回収のみを行っている業者では通常依頼できませんので、前もって確認しておく方がよいでしょう。掃除をする時間を取れない人や遺品整理の手間を減らしたい人などにおすすめのサービスです。

    遺品整理の具体的な仕方や内容について知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    「 遺品整理の具体的な内容・仕方|やるべき時期や相場・処分方法を解説

     

    遺品整理の料金相場

    遺品整理の料金相場

    遺品整理のおおまかな料金相場は以下の表のとおりです。ただし、遺品の量や部屋のコンディションなどによって料金は異なります。事前に見積もりを取っておくか、予算に余裕を持っておきましょう。

    間取り 作業人数 時間 費用目安
    1K・1R 2人 1~2時間 3万5,000円~
    1DK 2人 2~3時間 5万5,000円~
    1LDK 3人 2~4時間 8万円~
    2DK 3人 3~5時間 10万円~
    2LDK 4人 2~6時間 14万円~
    3DK 4人 2~7時間 16万円~
    3LDK 4人 5~8時間 18万円~
    4DK 5人 5~9時間 20万円~
    4LDK 5人 8~10時間 22万円~

     

    遺品整理の料金・相場はどう決まる?

    遺品整理の料金相場

    ここでは遺品整理の料金がどのように決まるか解説します。予想外の金額になってしまわないように、また妥当な金額を提示する業者を選ぶために知っておきましょう。

    部屋の大きさ

    遺品整理においては、「1R」「2LDK」など間取りで料金相場を提示している業者が一般的です。通常、部屋の面積や坪数などは使われませんが、費用が増減する可能性は想定しておきましょう。

    不用品の量

    遺品の量も料金を決める重要な条件です。トラックの積載量で料金を提示している業者が一般的です。コンパクトな間取りでも、自宅に物をためこんでいた場合、思わぬ高額費用になることもあるため注意しましょう。

    不用品の種類

    電化製品やパソコンなどリサイクル料金がかかるものが多いと費用が高くなります。家電やパソコンなどの数が多い場合は、あらかじめ見積もりを依頼しましょう。ただし、買い取ってもらえれば逆に費用が安くなることもあります。

    建物・周辺状況

    建物や周辺の状況で料金が上がることもあります。たとえば、マンションの高層階であることや、エレベーターがない建物など運び出しに手間がかかるケースです。家の前が狭い道路でトラックが横付けできない場合も料金が上がる可能性があります。

    オプションサービスを利用するかどうか

    ハウスクリーニングや遺品の供養、お焚き上げなどのオプションサービスを利用すると費用が上がります。特に部屋が不衛生な状態な場合は注意が必要です。マスク着用や消毒の必要があることから、別途料金を請求される可能性があります。

    遺品整理のオプション料金相場

     

    遺品整理のオプション料金相場

    ここでは、ハウスクリーニングやリフォーム、遺品の供養サービスなど、オプションとして提供されているサービスの料金相場を紹介します。

    ハウスクリーニング・リフォーム

    部屋のガンコな汚れやこもった臭いなどを専門的な機器や薬剤を用いて清掃するサービスは、「特殊清掃」と呼ばれています。消臭・消毒サービスも含まれていることが一般的です。特殊清掃は「30~60立法メートル(室内長×室内幅×室内高)」で1万円程度からが相場です。

    リフォーム料金はクロス張り替えが1平方メートルあたり1,250円前後から、畳の交換は6畳で7万5,000円程度からが目安です。

    クリーニングやリフォームの料金は範囲やコンディションによって大きく異なるため、一概にはいえません。まずは見積もりを依頼してみましょう。

    遺品の供養サービスの料金相場

    遺品の供養サービスは、お寺や神社で遺品を燃やしてもらうサービスです。みかん箱程度の遺品で6,000円程度からが相場となっており、燃やした後に供養をしてもらうと1万5,000円程度になります。なお、遺品の供養サービスのみで依頼すると、出張費用が別途かかることもあるため、事前に問い合わせをしておきましょう。

    形見分けの品物の梱包・配送の料金相場

    形見分けの品物の梱包・配送サービスは、形見を受けとる親族などへの梱包・発送を代行してもらえるサービスです。配送料は別途かかりますが、遺品整理の一環として別途料金がかからない業者もあります。

    最安値相場水準で遺品整理をしてもらうためには?

    最安値相場水準で遺品整理をしてもらうためには?

    遺品整理を依頼するなら、できるだけ費用を安くしたいものです。ここでは、遺品整理の費用を抑えるための業者選びのポイントを解説します。

    相見積もりを取る

    2~3社を目安に相見積もりを取り、安い業者を選ぶことがおすすめです。ただし、業者によっては見積もり自体に料金がかかります。まれに極端に安い値段の見積もりを提示し、遺品整理後に追加料金を請求する悪質な業者もあるので注意しましょう。

    家財を買い取ってもらう

    買取りサービスも提供している業者を選ぶと、家財を買い取ってもらい費用が安くなる可能性があります。ただし、査定がいい加減な業者もあるため、買取りサービスの部門があるかどうかチェックしておきましょう。たとえばブランド品のバッグや時計の場合は、査定に大きな差が出ることもあります。

    立ち合いなしの依頼ができる業者を選ぶ

    遺品整理は遺族立ち合いのもと作業を行うことが基本です。しかし、遠方に住んでいる、仕事が忙しいなどで立ち会いが難しい人もいるでしょう。業者によっては鍵を預かり、立ち合いなしで遺品整理してくれるところもあります。交通費や宿泊費などを節約でき、間接的に費用を節約することが可能です。

    ポイント還元がある業者を選ぶ

    不用品回収や遺品整理を行っている業者のなかには、Tポイントなどの電子マネーでポイント還元を実施しているところもあります。遺品の量が多い場合や一戸建ての場合など、額が多くなるほどポイント還元も多く、一部費用が戻ってきます。

    できるだけ自分で処分する

    最も確実な方法といえるのが、業者に依頼する前に、できるだけ自分で物を処分しておくことです。ただし、力の弱い女性や高齢者の場合は、ケガをしてしまうことや体を痛めてしてしまう恐れがあります。無理せずプロに任せましょう。

     

    遺品整理の料金相場だけでは決めてはダメ!信頼できる業者の選び方

    遺品整理の料金相場と信頼できる業者の選び方

    料金が安いことはポイントですが、それだけで選ぶと後悔してしまうかもしれません。ここでは、信頼性が高い業者、本当の意味でコスパが高い業者の選び方を解説します。

    「一般廃棄物収集運搬業許可」「古物商の許可」を受けているか

    遺品整理を請け負う業者のなかには無許可業者も存在します。見積もり前にホームページなどで「一般廃棄物収集運搬業許可」を受けていることを公表しているかチェックしておくと安心です。
    また、業者が不用品の買取りを行うには、管轄の警察署から「古物商」の許可を受ける必要があります。古物商についても確認しておきましょう。

    「遺品整理士」の資格を取得しているか

    遺品整理のプロフェッショナルの資格といえるのが「遺品整理士」の資格です。専門的な知識を持ち、個人情報保護などの面でも安心できます。大切な遺品を信頼できるスタッフに整理してもらいたい場合は、ホームページに在籍の記載があるかチェックしましょう。

    明確な料金プランを公開しているか

    良心的な業者は明確な料金プランをホームページなどで公開しています。完全見積もり制を導入している業者もありますが、実績ある業者でないかぎり、価格を提示していないところは注意が必要です。
    国民生活センターに寄せられている悪質業者による契約トラブルは少なくありません。

    オプションサービスを利用する場合は総合型業者を選ぶ

    遺品整理に加えてハウスクリーニングや遺品の買取りも頼みたい場合には、総合的なサービスを提供している業者を選ぶといいでしょう。他の業者に依頼する手間や時間を節約できます。
    総合型業者でない不用品回収業者の場合、別業者に仲介することで料金が高くなるケースもあります。

    訪問見積もりに応じているか

    訪問見積もりに応じている業者は、通常、追加料金が発生することはなく、安心して依頼できます。訪問見積もりに対応していない業者では、後から高額請求されるなどトラブルが多い傾向があるため注意が必要です。
    また、見積もり金額が必要なのかどうかもチェックしておきましょう。

    遺品整理業者の正しい選び方について知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    【遺品整理業者】お勧めの選び方や料金相場は?利用時の注意点も紹介

     

    遺品整理の費用が安いおすすめの業者3選

    遺品整理の費用が安いおすすめの業者3選

    ここでは、遺品整理の費用が安いサービスを提供しているおすすめの業者を3社紹介します。

    片付け堂

    片付け堂

    片付け堂は全国展開している安心のブランドで、遺品整理だけでなくハウスクリーニングや買取り、遺品供養・お焚き上げサービスなどを提供している総合型の業者です。
    全店舗で一般廃棄物収集運搬業、古物商の許可を受けており、遺品整理士も在籍しています。

    利用者の評価が高い主な理由は、専任スタッフによる質が高い遺品整理をはじめとした幅広いサービス、明瞭で低価格な料金体系、無料の訪問見積もりなどです。さらに、姉妹ブランドである「買取専門リサイクルショップ 買取り堂」による高価買取りも期待できます。費用を抑えつつ、遺品整理や家財の売却、清掃などを安心して業者に任せたい人におすすめです。

    遺品整理ロード

    遺品整理ロード

    「遺品整理ロード」は完全見積もり制を採用しています。遺品整理の現場責任者が見積もり担当者というシステムなので、後から追加費用が発生しにくいところが特徴です。
    基本的には物量に合わせて料金が見積もられるため、事前に遺品整理の費用を確定しておきたい人におすすめの業者です。

    キーパーズ

    遺品整理キーパーズ

    キーパーズは買取りサービス、ハウスクリーニングなどを提供している総合型業者です。とくに他の業者より充実しているのが、無料の遺品供養サービスです。
    ゴルフバックや人形、衣類などさまざまな遺品を、僧侶立ち会いのもと専用の供養専用式場で処分してもらえます。

     

    まとめ

    遺品整理の料金相場まとめ

    遺品整理の費用は部屋の広さとコンディション、不用品の量などによって決まります。また、業者によってハウスクリーニングや供養サービス、リフォームなどのサービスも提供しています。
    費用を抑えつつ、丁寧に遺品整理してくれる業者を選びましょう。

    片付け堂は全ての店舗で市町村の許認可を取得しており、明確な料金プランを提示している専門業者です。業界最低水準の費用や無料見積もり、Tポイントの1%還元などお得な料金体系も魅力です。
    遺品整理に関して困っている場合、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

     

    ■お見積りは無料!お家に関するお困り事をご相談ください

    ■LINEで簡単お見積り!お気軽にお問い合わせください

  • 【遺品整理業者】お勧めの選び方や料金相場は?利用時の注意点も紹介

    遺品整理業者のお勧めの選び方や料金相場

    遺品整理は個人ですることが大変な作業です。遺品の運び出しの期限が迫っているときや人手が足りないときは、遺品整理業者を利用した方がいいでしょう。この記事では、遺品整理業者の利用が初めての人向けに、選び方や金額相場を紹介します。遺品整理業者選びの参考にしてください。

    そもそも遺品整理業者とは?

    遺品整理業者とは

    遺品整理業者とは、亡くなった人の遺品整理を遺族に代わって行う業者です。遺品整理が必要な場所が遠方にあったり、遺品整理をする時間や体力に余裕がなかったりした場合に利用する人が多いです。遺品整理業者に依頼ることで、遺族の心身の負担を軽減できます。

    遺品整理業者の主なサービス内容を紹介

    遺品整理業者に依頼できることは、以下のとおりです。

    ・必要な物と不用品の分別
    ・不用品の回収・処分
    ・遺品の買取
    ・貴重品の探索
    ・遺品の供養
    ・ハウスクリーニング
    ・簡易清掃・消臭作業
    ・特殊清掃 など

    利用する遺品整理業者によって対応内容が異なるので、具体的な内容は業者に直接確認しましょう。

    不用品回収業者/清掃・片付け代行業者/リサイクル買取業者との違いを解説

    不用品回収業者/清掃・片付け代行業者/リサイクル買取業者との違いを解説

    遺品整理業者とは別に、不用品回収業者や清掃・片付け代行業者、リサイクル買取業者などのサービスもありますが、どのような違いがあるのでしょうか。

    不用品回収業者の特徴

    不用品回収業者は、基本的に不用品を回収してもらい処分できるサービスです。遺品の分別が終わり、不用品を回収・処分したい人に利用をおすすめします。
    なぜなら、整理が終わっていないと、遺品の中に貴重品があった場合に処分される可能性があるからです。

    清掃・片付け代行業者の特徴

    清掃業者は部屋で故人が亡くなった場合に、汚物やカビなどの特殊な清掃・消臭・消毒などをします。一方、片付け代行業者は、遺品の仕分けや片付けを代行するサービスで、不用品の回収や遺品の買取は行っていません。

    故人の部屋を清掃したいなら清掃業者、遺品の分別や片付けのみを依頼したい場合は、片付け代行業者がおすすめです。

    リサイクル買取業者の特徴

    リサイクル買取業者は、買取専門なので遺品の仕分けや片付け、不用品の回収などは依頼できません。遺品の中から、再利用が可能な物や貴重品などを買い取ってもらい、処分したい場合に利用できます。

    すでに、遺品の分別が済んでいて、買取してほしいものがある人におすすめです。

    遺品整理業者の正しい選び方

     

    遺品整理業者の選び方

    遺品整理業者は数多くありますが、適切な業者を選ぶ必要があります。ここでは、遺品整理業者の正しい選び方について、詳しく解説します。

    専門業者か確認する

    遺品整理業者が提供するサービスは、遺品の種類が多岐にわたるため専門的な知識が必要です。民間資格である遺品整理士認定協会の「遺品整理士」を持っていれば専門業者に該当するので、業者を選ぶときに確認しましょう。

    遺品整理士が在籍する業者なら、遺品整理に必要な一定の水準の知識やスキルがあると判断できます。

    許可の有無を確認する

    不用品の回収・処分には、「一般廃棄物収集運搬許可証」や「産業廃棄物収集運搬許可証」の取得が必要です。遺品整理業者がこれらの許可証を取得していない場合、外部の業者に委託することになるので料金が高額になる可能性があります。

    また、遺品の買取には「古物商許可証」が必要なので、買取を希望する場合は確認しましょう。

    業者の所在地をチェックする

    自宅が、遺品整理業者のサービス圏内に入っているかもチェックしておきましょう。業者の所在地から遠いと依頼できなかったり、依頼できても交通費や別途料金がかかったりする可能性があります。

    また、業者の所在地を見れば、本当にその業者が存在するかも調べられるので必ず確認しましょう。

    ホームページを確認する

    遺品整理業者のホームページで、詳細な内容が記載されているかも確認しましょう。たとえば、サービス内容や料金プラン、代表あいさつ、企業理念などに不審な点がないかチェックします。

    実績があり、評判が良い業者であれば、スタッフの一覧やお客様の声なども記載されていることが多いので併せて確認しましょう。

    明瞭会計か確認する

    明瞭会計とは、料金が具体的で、分かりやすい項目が設定されていることをいいます。遺品整理業者の多くは、ホームページに明瞭な料金を記載しているので依頼前に確認してみましょう。

    追加料金が発生するなどのトラブルを招かないためにも、料金体系や見積り内容に目を通すことが大切です。

    スタッフの対応で判断する

    故人の遺品整理をお願いする以上、遺品を丁寧に扱ってくれるスタッフに依頼したいと考える人も多いでしょう。スタッフの対応を確認する方法には「事務所を訪問する方法」と「電話をかける方法」があります。

    確認方法1:事務所へ訪問

    事務所を訪問する際、スタッフの言葉遣いや態度、身なりなどを確認しましょう。また、事務所が清潔でしっかりと整頓されていれば、プロ意識が高い業者だと判断できます。

    確認方法2:電話をかける

    事務所を訪問する時間がない場合は、電話での対応から言葉遣いや説明を丁寧にしてくれるかチェックします。ホームページに記載されている内容と相違がないか質問するのも大切なポイントです。

    ネットの口コミをチェックする

    遺品整理業者の口コミサイトを確認し、検討中の業者の評価をチェックします。このとき、良い評価だけでなく、悪い評価も目を通すようにしましょう。

    ただし、口コミはあくまでも第三者の意見であるため、参考にする程度に留めておくことをおすすめします。

    見積書を発行してもらう

    見積書をもらったら「見積書を発行してくれるかどうか」「内訳に不明点がないか」を確認しましょう。良質のサービスを提供する業者であれば、見積書を発行してくれます。もしも、発行を拒まれた場合は、悪徳業者の可能性があるため注意してください。

    また、「見積書の作業内容が詳細に記載されているか」も、優良業者を見極める上で重要なポイントです。

    遺品整理の内容や仕方、業者選びのポイントを詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    遺品整理の具体的な内容・仕方|やるべき時期や相場・処分方法を解説

    遺品整理業者の料金相場は?

    遺品整理業者の料金相場

    遺品整理サービスを提供している「片付け堂」「みらいプロセス」「プログレス」の3社の料金目安を一覧表にまとめました。たとえば、1Kのお部屋の遺品整理を依頼した場合、2万4,000~3万5,000円の費用が目安です。

    同じ間取りでも、各社で料金が異なるのは、作業スタッフの人数や作業時間が異なるためです。片付け堂では、4LDKの遺品整理にかける作業スタッフは5名ですが、みらいプロセスでは3人~となっています。

    間取り 片付け堂 みらいプロセス プログレス
    1K 3万5,000円 2万4,000円~ 2万8,000円~
    1DK 5万5,000円 5万4,000円~
    1LDK 8万円 6万9,000円~ 5万8,000円~
    2DK 10万円 9万9,000円~
    2LDK 14万円 11万9,000円~ 8万8,000円~
    3DK 16万円 13万9,000円~
    3LDK 18万円 14万9,000円~ 13万8,000円~
    4DK 20万円 16万9,000円~
    4LDK 22万円 18万9,000円~ 17万8,000円~

    ※すべて税抜金額

    間取りや作業人数などによっても料金は異なるため、事前に見積書を発行してもらいましょう。

    遺品整理業者の料金の決まり方を紹介

    遺品整理業者の料金は、基本的に部屋の広さ・作業人数・トラックの台数・作業時間(日数)で決まります。特に、不用品の量がトラックの台数を左右し、料金に大きな影響があります。

    遺品整理業者によって各項目の設定料金が異なるので、依頼先を検討するときは慎重に比較することをおすすめします。

    料金が安い業者と高い業者の違いとは?

     

    料金が安い業者と高い業者の違い

    遺品整理業者の料金の違いは、作業スタッフ1人あたりの作業量やコスト削減のための工夫を行っているかどうかにあります。

    たとえば、自社ですべての作業を請け負っていたり、トラックへの積み方を工夫していたりすると料金が安くなりやすいです。他にも、廃棄処理の量を減らしてコスト削減していたり、古物商の許可を受けていて不用品を買取りできたりする業者は、相場料金よりもお得なことが多いようです。

    料金が安くても良い業者もあるので、コストを削減したい人はその業者が安い理由を確認した上で利用してみましょう。

    注意:遺品整理業者を名乗る悪徳業者がいる

    遺品整理業者を名乗る悪徳業者がいる

    料金が安い業者の中には、違法行為をする悪徳業者がいます。たとえば、処分費用を削減するための不法投棄や、遺品の盗難などの被害が報告されています。業者が勝手に不法投棄した場合でも、依頼者も罪に問われる可能性があるため、注意しましょう。

    トラブルに巻き込まれないためにも、許可証を取得している業者かどうかを必ず確認しましょう。また、ネット上で口コミの評価を確認したり、問い合わせへの対応をチェックすることも大切です。

    まとめ

    遺品整理業者の選び方や料金相場のまとめ

    遺品整理業者選びで注意が必要なのは、料金の安さだけで悪徳業者に依頼することです。遺品整理業者を利用する場合は、今回紹介した選び方や料金相場などを参考にしてください。

    片付け堂は、市区町村が公認する一般廃棄物収集運搬業取得の許可業者で、遺品整理のほか、家に関する困りごとを解決できる広範囲のサービスを全国各地で提供しています。100円(税抜)につき1ptのTポイントがたまるため、お得にご利用いただけます。

    電話相談や見積書の発行・キャンセル料はすべて無料のため、お気軽にお問い合わせください。

     

    ■お見積りは無料!お家に関するお困り事をご相談ください

    ■LINEで簡単お見積り!お気軽にお問い合わせください

  • 遺品整理の具体的な内容・仕方|やるべき時期や相場・処分方法を解説

     

    遺品整理の内容や仕方

    遺品整理とは、故人が生前に所有していたすべての物品を片付ける作業のことです。

    具体的には、不動産以外のすべての形ある物品ひとつひとつについて、それぞれをどのように処分するか考えて判断し、物理的に物品をなくしていく片付け作業です。

    物品が一定量あるいはそれ以上にあるため、遺品整理にはかなりの労力を伴います。自分たちでやるにしても業者に任せるにしても、無計画に見切り発車で行うと作業が進まないどころか、時にはトラブルに巻き込まれたり、失敗や後悔をすることがあるのです。

    大切なものをきちんとした形で残せず後悔しないようにするためには、以下のようにさまざまな事柄について、確認や調査、比較検討、準備などが必要になります。

    ・遺品整理の期限
    ・自分で行うやり方と必要道具
    ・物品ごとの適正な処分先
    ・遺品整理業者に頼んだ場合の費用
    ・遺品整理業者にできること

    また、自分で行うか業者に依頼するかを検討するにおいても、次のようなメリットとデメリットを考慮しなければいけません。

    本記事ではこのように、遺族であるいまのあなたに必要な情報を提供し、それぞれをわかりやすく解説していきます。

    <本記事を読めばわかること>

    ・遺品整理とはどのようなものか
    ・遺品整理を終わらせるべき期日
    ・自分で行う遺品整理と業者に依頼する遺品整理の違い
    ・遺品整理業者に頼める内容
    ・自分で行うか業者に依頼するかの判断ポイント

    さらに、遺品整理を自分で行う方に向けては、手順や仕分け方法を、必要な道具からご紹介
    一方、自分たちの手では遺品整理を行うことができないという方のため、信頼できる遺品整理業者の選び方をお伝えします。

    これさえ読めば、遺品整理は失敗することなくスムーズに行うことができます。どうぞ最後までご覧ください。

     

    1. 遺品整理とは

    遺品整理とは

    冒頭でもお伝えしましたが、遺品整理とは、故人が生前に所有していた不動産以外のすべての物品について、それぞれをどう処分するか適切に判断し、実際の処分まで行う作業のことです。

    「遺品」に当たるもの すべての形ある物品
    「遺品」に当たらないもの 不動産(土地とそこに建てられたもの)

    ※注意:遺品に土地や建物は含まれませんが、「不動産登記簿」は書類なので遺品に含まれます。

    具体的には、遺品のうち主に財産に関する物品(有価証券、不動産登記簿、預金通帳、生命保険関連資料など)は、法律や法的拘束力のある遺言状に従って相続されるので、それぞれ必要な人が受け取ります。それ以外の物品については、遺族や故人の友人にとって思い出深いものを形見として分けたり、次の使い手を探したり、リサイクル回収に出したり廃品処理します。

    遺品整理は、一人の人間が生前に所有していた物品すべてを物理的に分類して処分する作業のため、肉体的にも精神的にもかなりの負担が生じるものです。

    2. 遺品整理をするべき時期

    遺品整理は、故人の死後であれば基本的にいつ行ってもいいものです。
    しかし、下記のようなケースでは、それぞれの期日を意識して計画的に進めた方がいいでしょう。

    ご覧いただくとわかるように、最も早いものだと死の翌日には遺品整理を行わないといけない場合があります。
    あなたの状況に当てはまるものがないか、それぞれのケースを詳しく見ていきましょう。

    2-1. 高齢者施設に住んでいた場合:早いと翌日、長くても一週間

    いわゆる老人ホームと呼ばれる高齢者施設では、死後だいたい一週間以内には退去を求められるのが一般的です。

    介護医療院をはじめとする公的施設でも、介護付き有料老人ホームをはじめとする民間施設でも、基本的に高齢者施設の契約は「1日単位」です。そして入居希望者が多く、待機者の出ているところも少なくありません。空室ができた場合には、できるだけ早く次の方に入居してもらいたい…というのも、施設の立場でみれば仕方のないことです。

    そのため、高齢者施設での遺品整理は、何よりも時間が優先されます

    施設に置いてある荷物が少なければ、とりあえずすべて自宅に持ち帰ってから遺品整理に取り掛かることもできますが、荷物が多い場合は、清掃まで迅速に行ってくれる業者を頼ることもひとつの手です。

    2-2. 賃貸住宅に住んでいた場合:契約料が発生。公営住宅は49日以内退去の規則

    月ごとに契約料の発生する賃貸住宅の場合は、タイミングによって数日〜1ヶ月以内に退去しないと、次の契約料が発生してしまいます。
    また、公営住宅では住人が死去した場合、遅くとも49日以内に退去しなければいけないという規則があります。
    一般賃貸でも、不動産屋さんや大家さんによっては同様の規則を設けている場合も。

    賃貸住宅での遺品整理は、契約更新のタイミングの確認をし、契約内容をしっかり読み直すなど、計画的な行動が必要になります。

    2-3. 死亡通知状を送る場合:葬儀の3日前まで、もしくは初七日頃

    死亡通知状は、故人と交流のあった人たちに対して、本人が亡くなったことを知らせるハガキです。
    遺族の代表者が、故人の関係者に死亡したことをお知らせします。

    ハガキを郵送するので、当然ながら送り先の住所や氏名が必要です。そのため、故人の手帳や手紙などから、故人の死を伝える相手を洗い出す必要があります。

    葬儀の案内を兼ねた死亡通知状を出す場合は、式の段取りが決まり次第すぐに発送手配をします。できれば葬儀の3日前までに相手に届くのが失礼のないタイミングです。

    家族葬などで葬儀への参加を案内しない場合は、初七日辺りに事後報告として送付します。

    死亡通知状を出す場合は、すべての遺品整理を終えずとも、ひとまず遺品の中から住所録を探し出す作業が早々に必要になるということを覚えておきましょう。

    2-4. 形見分けをする場合:四十九日の法要の際が一般的

    形見分けは、親族が一堂に集まるタイミングで行うのが一般的です。

    通常、葬儀の後に親族が一堂に集まるタイミングは、四十九日の法要になります。
    そのため、この四十九日の法要に合わせて遺品整理を行い、形見分けの品物を分類しておくという方が多いのです。

    距離や身体上の理由で法要に出席できない親族には、後日送付することも可能です。

    2-5. 財産相続の手続きをする場合:死去から10ヶ月後までに申告必要

    葬儀や納骨、法要など、慌ただしい儀式が終わってひと息ついた頃に落ち着いて行いたいのが、相続に関する手続きです。
    銀行の通帳や有価証券、登記簿など、ほかの遺品と分けてわかりやすい状態でまとめてあることが大切です。

    死去から10ヶ月後までというと余裕があるように感じますが、万が一申告が遅れると相続ができなくなります。故人の想いを受け取って安心させるためにも、早めに手続きをしたいものです。

    2-6. 実家売却控除の申請をする場合:親が実家に住まなくなった日から3年目の12月31日まで

    親が住んでいた実家を、親の死去に伴い売却した場合、最大3,000万円までの控除が受けられます。
    この控除は「親が実家に住まなくなった日から3年目の年末まで」と、対象期間が長く設定されているので、時間的猶予がもっともある期限です。

    しかし実家の遺品整理は、部屋数に加えて荷物の多さによって、なかなか個人の手では進まないのが実情です。

    子どもが実家住まいだった頃の荷物を残している場合もありますし、親が老齢によって身体的に動きにくくなると、片付けが進まずにゴミ屋敷になってしまうケースも非常に多いからです。

    そして注意したいのは、「親の死去」ではなく「親が実家に住まなくなった日」が起算日であること。

    生前に住民票が別の場所に移動されていることがないか確認し、売却に時間がかかることも想定しながら、業者に頼るなどして計画的に進めることが大切です。

    2-7. 【注意】期限がなくても早めに済ませた方がいい

    故人と同居していた場合や、相続手続きが済んでいる場合などは、期限なくゆっくりと遺品整理に時間をかけることができるでしょう。

    しかしこのケースでも、できるだけ早めに終えた方がいい理由があります。

    ■物の傷みが早くなる

    使い手のいなくなった物品は、日焼けしたりほこりを被ったりして傷み方が早くなります。
    買取や形見分けなどを考えている物があるのであれば、状態がいいうちに整理をすませるべきでしょう。

    ■買い手がつかなくなる

    ブランド品は新しいモデルほど買取額が高く、古いモデルのものは買い手すらつかないこともあります。
    電化製品のほとんどは製造から5年を過ぎたものは売れず、むしろ不用品の回収手数料がかかることになるのです。
    少しでも収益を望めたかもしれないものを、不用品にさせてしまわないようにしましょう。

    ■遺族の年齢が上がる

    高齢になると体力的な理由から、日常の片付けも困難になってきます。特に故人と同居していたケースでは、自分の目の届く生活圏にあるため、そのうちやろうと思うままつい手をつけられず放置してしまうことが多いのです。
    老老介護であった場合は特に、業者など積極的に人の手を借りるなどして早めにすませた方がいいでしょう。

    多くの方が、「自分の死後に周囲に迷惑をかけたくない」と思っていらっしゃいます。
    適切なタイミングを逃すことで、遺族が損をしたり得られるはずの収益を得られなかったり、時に自分の遺品のせいで怪我などしたりするのは、故人にとってうれしいものではありません。

    遺品整理は肉体的にも精神的にも大変な労力を伴う作業ではありますが、できるだけ早い段階で人手を募り、計画的に進めていきましょう。

     

    3. 遺品整理の仕方

    遺品整理の仕方

    遺品整理には、自分で行う方法と、遺品整理業者に依頼する方法があります。

    それぞれの特徴やメリットデメリットを詳しく見ていきましょう。

     

    3-1. 自分で遺品整理する

    同居家族の世代や人数が多かった時代には、遺品整理は遺族だけで行うのが主流でした。

    初めて遺品整理を行うという方のため、具体的なやり方は第5章で詳しく説明しますが、まずは遺品整理を自分で行う場合のメリットとデメリットについてお伝えします。

    遺品整理を自分で行うメリットとデメリット

    メリット ・マイペースに進められる
    ・費用が安く済む
    ・すべて自分たちで把握できる
    デメリット ・時間がかかる
    ・労力がいる
    ・物品ごとの処分方法を調べて適切に処理しなければいけない

    故人と同居していた場合は、整理する遺品は故人の使用していた部屋を中心に限られたスペースとなるため、「衣替えと年末の大掃除を同時に行う」といった規模感で、マイペースに進めることができるでしょう。

    とはいえ、先の章でもお伝えしたように、時間をかけ過ぎると物が傷んだり売るタイミングを逃してしまったりすることがありますので、できるだけ早い段階で計画的に行いたいものです。

    また、故人が単身で住んでいた住居を遺品整理する場合は、「処分するものの多い引っ越し」という規模を想定して、相応の人手の用意や所要時間の予定をしておきましょう。

    3-2. 遺品整理を業者に依頼する

    「初めての遺品整理で何から手をつければいいのか分からない」「そもそも片付けができるような若い人手がない」などの理由で、遺品整理を業者に任せるケースが全国的に広まっています。

    しかしここ20年ほどで一気に需要が高まってきたサービスなので、現時点では、遺品整理業に関する法整備がほとんど整っていません。
    そのため不用品を不法投棄したり、不当に高額な料金を請求するような業者も少なからず存在するため、業者に頼む場合は第6章でご紹介する「業者選びのポイント」をしっかり押さえて、信用できる業者を選んでください。

    まずは遺品整理を業者に依頼する場合のメリットとデメリットを確認しましょう。

    遺品整理を業者に依頼するメリットとデメリット

    メリット ・早く終わる
    ・物品ごとの処分方法の知識と手段に頼れる
    ・肉体的な負担が減る
    デメリット ・お金がかかる
    ・業者そのものの比較検討が必要になる

    業者に依頼することの最大のメリットは、やはり時間と的確な処理です。

    遺品整理業者にどんなことを任せることができるのか、料金はどれくらいかかるものなのか、順に詳しく見ていきましょう。

    遺品整理業者に任せられること

    遺品整理の作業内容は、大まかに言って「分類・買取・処分・清掃」の4項目に分けられます。
    遺品整理業者には、4項目すべての作業を任せることができます。

    遺品整理する場所が居住地から遠すぎたり、身体的な理由で作業現場にいられなかったりする場合には、立ち合いなしで業者に完全に任せきることもでき、そのケースは年々増えています。

    ■分類

    遺族に対して配慮しながらも、機械的に分類作業をしてくれます。
    金融関係の書類なども見慣れているため、パッと見ただけで大事な物かそうでないかの迅速な判断ができます。
    形見分けの品についても、だれに何を贈るのかの指示だけ出せば、それぞれに分類・梱包してくれます。

    ■買取

    趣味の収集物等で、本当は価値のあるものなどを間違えて廃棄処分してしまう心配がありません。また、カメラや宝飾品など、個別の専門買取業者に持ち込む手間が省けます。
    多くの業者が、買取額を遺品整理の費用から差し引いて算出するため、遺品整理の費用を安く抑える結果になることもあります。

    ■処分

    電化製品や大型家具などの処分は、地域によって回収してくれる時間や場所が決まっています。
    また、リサイクル法の知識等もあるため、リサイクルと廃棄の判断、およびそれらに伴う手数料の算出がその場でできます。

    ■清掃

    老人ホームからの退去の際は、清掃は自宅よりも入念に、除菌までしっかり行う必要があります。
    また、孤立死で死後長期経過してしまった場合は、特殊清掃という、専門業者でしかできない掃除も必要になります。

    引越しを業者に依頼したご経験のある方も多いと思います。通常の引越しでは、自分で荷造りした荷物を業者に運び出してもらい、転居先で積荷を下ろしてもらいますが、遺品業者の業務は「転居前の荷造りから運び出しと掃除までをやってもらうイメージ」をすると、わかりやすいでしょう。

    立ち合いであればもちろん、形見分け先ごとの梱包といった、遺族でしか分からない細かい作業もその場で行うことができるので、業者に任せ切るのも一緒にやるのも、どちらにもそれぞれのメリットがあります。

    遺品整理業者の料金相場

    遺品整理業者の料金相場

    遺品整理業者のサービス内容がわかったところで、いくらくらいかかるものなのか、料金相場を知りたい方のため、間取りごとの全国的な遺品整理料金の相場をまとめました。
    実際の料金は荷物の量や内容で前後しますが、全国的な平均値は以下の通りです。

    参考:みんなの遺品整理

    ・1Kの高齢者施設個室など、限られた居住空間の遺品整理はおよそ37,000円〜
    ・2DKのアパートなど、単身または夫婦二人暮らしの住居でおよそ110,000円〜
    ・3LDKのマンションなど、家族2〜4名暮らしの住居でおよそ187,000円〜
    ・4LDK以上の戸建で、部屋数も整理する物も多いところではおよそ228,000円〜

    遺品整理にかかる費用は、単純に部屋数だけでなく、中にある荷物の量や汚れ具合などに影響されるため、実際にかかる費用のおおよその目安としてください。

    なお、費用の大部分は人件費なので、都会ほど高くなる傾向があります。一方で、遺品整理業務を扱う会社が多いエリアでは、競争によって相場が低くなる傾向もあります。

    各エリアの遺品整理にかかる料金を、間取りごとに一覧にしましたので、当てはまるものをご確認ください。

    ■1K、1DK、1LDKの遺品整理にかかる料金相場

    1K、1DK、1LDKの遺品整理にかかる料金相場

    ■2DK、2LDKの遺品整理にかかる料金相場

    2DK、2LDKの遺品整理にかかる料金相場

    ■3DK、3LDK、4LDK〜の遺品整理にかかる料金相場

    3DK、3LDK、4LDKの遺品整理にかかる料金相場

    実際に見積もりを取る際には、この一覧と比べてかけ離れていないか、大きく異なる場合にはどんな理由があるのかを、しっかり説明してもらいましょう。

     

    4. 自分でやるか業者に依頼するかを決めるポイント

    遺品整理を自分で行う場合と業者に依頼する場合、それぞれのメリットや特徴についてご案内しましたが、自分はどちらを選べばいいのか悩まれている方のため、決め手となるポイントを4つお伝えします。

    ひとつずつご自身のケースに照らし合わせつつ、先の章の料金相場と合わせて参考になさってください。

    4-1. 期限の有無で決める

    遺品整理の期限

    第2章で説明した各種の期限によって、遺品整理を終えていなければならない期日が迫っている場合は、業者に依頼した方が早く済むでしょう。

    身内だけで行うと、故人のものを見ながらつい感傷に浸ったり、思い出話に花が咲いたりすることもあります。
    業者に入ってもらい、遺品整理をこの時間までに終える予定であるという状態であれば、集中して作業を進めることができます。

    期限がない場合は、身内だけでゆっくりと、故人との思い出を楽しみながら行うのも良いでしょう。

    4-2. 距離の遠近で決める

    遺品整理の現場

    故人の住居が遠方で、何度も通ったり泊まり込んだりしての作業ができないという場合は、故人の住居周辺の業者に依頼した方が効率的です。

    業者によっては、見積もりから実際の作業まで、すべてを立ち合いなしで完了することができます。事前に鍵を預かって内見したうえで見積もりを出し、相続関連書類や形見分け品の分類、買取手配からゴミの回収・清掃まで、すべてを任せることができるのです。

    同居の場合や、別居でも何度も足を運べる近距離であれば、自分たちで行うのが良いでしょう。

    4-3. 種類や量の多さで決める

    遺品の量

    故人が多趣味だったり、物を捨てられない状態だったり、素人目に見てもパッと見て量が多いと感じる場合は、業者の手を借りた方が無難です。

    遺品整理は「処分するものの多い引っ越し」です。
    「処分」とひと口に言っても、売ることのできる物かリサイクルか廃棄か、持ち込み先や廃棄日時・場所はどこかなど、調べたり判断したりすべき要素はたくさんあります。

    物が多ければ多いほど、判断しなければいけないことが多くなり、これは時に肉体的な労力よりも大きな負担がかかるのです。

    故人が生前整理を済ませているか、もともと断捨離生活をしていたなどで物が明らかに少ない場合は、自分たちだけで行えるでしょう。
    逆に、事故や病気などによる突然の死で遺品整理を行う場合は、業者に頼る方が良いでしょう。

    4-4. 協力者の有無で決める

    遺品整理の協力者

    業者に支払う遺品整理の料金の内訳で、多くを占めるのは人件費であるとお伝えしました。
    正規の資格を持つ人物に支払う信用代や不用品の廃棄手数料等を引くと、残りは「力仕事のできる人間への謝礼」と言っても過言ではありません。

    ふだんから親戚づきあいが密で、ひと声かければ力仕事のできる若い人手が同日に集まることのできる関係性であれば、遺品整理は身内だけで十分にできます。

    もちろん、親戚でなくても、近所や町内会などのつきあいが密で、地域の青年団などの力を借りることができるのであれば、業者を頼む必要はありません。

    遺品整理に協力してくれる人手が望めない場合は、業者に依頼するのが良いでしょう。

    5. 遺品整理を自分で行う方法

    遺品整理を自分で行う方法

    遺品整理を自分の手で行う方のために、具体的なやり方をお伝えします。

    遺品整理はを業者に頼らず自分たちだけで行うのは、やはり精神的にも肉体的にも、相応の労力のいるものです。
    人手や時間、必要な道具などをしっかり準備して、ひとつひとつ落ち着いて片付けていきましょう。

    まずは道具の用意から行いましょう。
    大掃除や引っ越し作業と同じ要領ですので、以下のものを用意してください。

    ホコリ除け ◻︎マスク、◻︎ゴーグルまたは防塵メガネ、◻︎軍手
    仕分け用 ◻︎ゴミ袋、◻︎ダンボール箱、◻︎ガムテープ、◻︎緩衝材、◻︎ビニールひも、◻︎ハサミ、
    ◻︎クリアファイル、◻︎ジップ式の袋、◻︎マスキングテープ、◻︎油性ペン
    搬出用 ◻︎養生用大判バスタオル、◻︎台車、◻︎キャリーベルト
    掃除用 ◻︎脚立、◻︎工具セット一式、◻︎バケツ、◻︎掃除用洗剤一式

    道具の準備ができたら、さっそく物の分類を始めていきます。

    5-1. 遺品を分類する

    大まかには「残すもの」と「処分するもの」に分けます。
    そして「残すもの」については、用途や目的でさらに仕分けしていきます。

    5-1-1. 財産に関するもの

    銀行通帳、印鑑、有価証券、不動産の登記識別情報、生命保険関連の書類など

    上記のものは、クリアファイルやジップ式の袋に入れて、マスキングテープとペンなどを使い、わかりやすく目印をつけてまとめておきます。

    できるだけ早い段階で安全な場所に確保しておきましょう。

    5-1-2. 記録に関するもの 

    日記、手帳、住所録、手紙、写真、パスポートなど

    交友関係や行動のわかるものをまとめておきます。
    大きさが異なったりかさばったりするものなので、専用に小さめのダンボール箱を用意して入れていきます。

    後日使う機会のあることが多いものなので、ダンボール箱にわかりやすく内容物を記載しておきます。

    5-1-3. 金銭的な価値のあるもの

    カメラ、時計、貴金属、宝飾品、ブランド品、和服など

    緩衝材で簡単に包むなどして、それぞれ傷がつかないように種類ごとに分けておくといいでしょう。

    すでに引き取り手の決まっているものであれば、相手ごとにダンボール箱を用意して、その中に収めていきます。

    5-1-4. 思い出の品

    趣味のコレクション、装身具、書籍など

    故人が愛用していたものなどで棺に収められなかったものや、よく身につけていた物などがあれば、ここに分類します。

    5-1-5. 処分するもの

    日用品、食品、家具、電化製品、衣類、布団、車椅子、介護用ベッドなど

    寄付や廃品回収など、それぞれに合った適切な方法で手放します。自治体のゴミ出しルールをよく確かめてください。
    大型家具や電化製品などは、回収の際に引き取り手数料の発生するものもあります。

    5-2. 分類ごとに片付ける

    先の項で分類したものを、それぞれに適切な方法で片付けていきます。

    5-2-1. 財産に関するものは10ヶ月以内に手続きする

    相続手続きは死去から10ヶ月後までに済ませないといけません。

    必要な書類がすべて揃っているか、本人との関係や遺言状の有無の確認など、相続手続きには様々な確認事項が伴います。安全かつすぐに取り出せる場所に保管して、早めに関係各所に連絡をしましょう。

    5-2-2. 記録に関するものは2〜3年ほど保管する

    住所録から漏れていたなどの理由で、故人の死を知らないままでいる方から、季節の便りや年賀状などが届くこともあるでしょう。

    若くして亡くなった場合は、どんなに仲が良かったとしても、携帯電話やSNSでしかお互いに連絡先を知らない場合もあります。

    故人との関係を知る手がかりのためにも、記録に関する物は死後2〜3年保管しておきます

    5-2-3. 金銭的な価値のあるものは買取依頼

    物品の買取をしてくれる業者には、決まった種類の物だけを専門に扱う業者と、なんでもまとめて一括で請け負う業者とがあります。
    また、買取業者を通さず、個人間取引のオークションやフリーマーケットなどに出品する方法もあります。

    この3つの方法において、買取金額の高さと、買取成立までにかかる手間はおおよそ反比例していると言えます。

    遺品の買取

    個人間取引は買取手がつくまで時間がかかる場合もあるため、その間にきちんと保管しておく相応の場所も必要になります。

    それぞれの特徴をしっかり踏まえ、費用対効果の落とし所を決める事が大切です。

    電化製品の買取

    5-2-4. 思い出の品は形見分けまたは供養

    形見分けは、故人と生前親しくしてくれた人に対して、故人が大事にしていた品物を思い出として分けるものです。

    だれに何をあげるかの決まりはありませんし、物品そのものの価値がそのまま相手との親密度を表すものでもありません。相手が故人を偲びながら喜んで使ってくれそうなものを、生前の交流に対する感謝を込めて分けます。

    なお、意外に思うかもしれませんが、形見分けは「包まない」のがマナーです。そのままでは傷がつく心配のあるものは、ごく簡単に懐紙などに挟んだり、袋に入れるなどして渡しましょう。
    手渡しするのがベストですが、遠方の場合は事前に相手にひと言伝えてあれば、郵送しても構いません。

    まれに形見分けをお断りされる場合もありますが、形見分けはあくまでも「気持ち」のものなので無理強いはせず、その場合は別の方に渡すか、ご供養をしてください。

    ちなみに「まだ使えるから/新品だからだれかに使ってもらおう」というのは、形見分けではなく寄付や寄贈であり、次の項の「処分」に当てはまります。

    5-2-5. 処分するものは寄付またはリサイクル・廃棄する

    買取依頼できるほどの金銭的価値がなく、形見分けの対象にもならないものは、身内で使ったり寄付したりします。それでもまだ残るものについては、リサイクル品として資源回収に出すかゴミとして廃棄します。

    実はこの作業こそが、遺品整理に関わるすべての作業の中で、もっとも時間と労力のかかる部分になります。
    大型家具や家電の解体や搬出といった物理的な労力に加え、それぞれの物品をその状態に合わせて、適切に処分する方法を調べたり考えたりするのです。

    人の手を借りるなどして、できるだけ負担を分散させて進めていきましょう。

    処分の段階でまず最初に注意したいのは、近隣への配慮と空き家トラブル。具体的には以下の点です。

    ・大物家具の解体や処分は夜間に行わない
    ・ゴミは小分けにして出す
    ・日用品や衣類を捨てる際は中が見えないようにする
    ・空き家であることを知られないようにする

    特に、実家の相続はしたものの転入または売却の予定が先であるといった場合は、空き家トラブルに巻き込まれる可能性あります。

    郵便受けにチラシが溜まっていたり、庭に雑草が生えていたりすると、不法侵入などのリスクが高まるのです。空き家の中で犯罪が行われたり放火されたりする危険もあり、周囲の治安にも悪い影響を与えることがあるため、空き家であることを容易に周囲に知られないよう用心が必要です。

    なお、近年増えている介護用品の処分については、以下に特記しておきます。

    【介護用電動ベッド】
    買取 ・中古品はあまり売れないため、買取をしてくれる業者はほとんどない。
    ・重量があり配送料が高額になるため、個人間取引には向かない。
    廃品回収 ・大型過ぎるため、粗大ゴミとしての回収は事前に解体が必要。
    寄付 ・社会福祉協議会や担当のケアマネージャー、販売店に相談すると、引き取り手がある場合も。

    介護用電動ベッドは解体して粗大ゴミとして手数料を出して回収してもらうことになりますが、運が良ければ無料で引き取り手が見つかることもあります。

    【車椅子】
    買取 電動式のものでなければ、買取はほぼ成立しない。
    廃品回収 粗大ゴミとして回収される。
    寄付 グループホームやデイサービス、社会福祉協議会では寄付を歓迎している。

    一般的な介護用の車椅子は買取してもらえる事はまずないため、廃棄するか、喜んでくれる人に使ってもらうのが良いでしょう。

    【紙おむつ】
    買取 なし。
    廃品回収 燃えるゴミとして回収される。
    寄付 社会福祉協議会や介護施設では寄付を歓迎している。

    一部は災害時用の簡易トイレとして保管しておくと安心ですが、大量にある場合は必要としている人に譲るのが良いでしょう。

    6. 遺品整理業者の選び方

    遺品整理業者の選び方

    遺品整理を自分で行う方法とその内容がわかったところで、やはり業者に依頼したいと思う方もいらっしゃるでしょう。

    どんな業者なら安心して遺品整理を任せることができるのか、業者選びのポイントをご紹介します。
    不法投棄や高額な追加請求などのトラブルに巻き込まれないよう、必ず以下のポイントを叶えている遺品整理業者を選んでください。

    ・資格を持っていること
    ・対応が丁寧なこと
    ・返事が早いこと
    ・現場を見て見積もりを出してくれること
    ・相場料金相応であること

    それぞれ詳しく説明していきます。

    6-1. 資格を持っていること

    遺品整理を業務として行う「遺品整理士」という資格を持っている業者を選ぶのが、まず大前提で押さえておきたいことです。

    遺品整理士の資格は一般社団法人遺品整理士認定協会で与えているものです。養成講座で専門知識を学び、認定試験に合格した人だけが持つ資格になります。

    単に物品の整理知識をつけているだけではなく、故人を偲ぶ遺族の気持ちに寄り添うことを目指しています。

    そのため専門家として適切な判断をしながらも、身内を亡くしたばかりの遺族に対してのデリカシーを持って遺品整理を行ってくれます。

    6-2. 対応が丁寧なこと

    電話でもメールでも、対応に少しでも「雑さ」を感じる業者は、選ぶべきではありません
    故人の遺品を丁寧に扱ってくれるかどうかに加え、自分以外の周囲への配慮にも心配が残ります。

    特に老人ホームなどの施設からの退去の場合は、他の居住者をあまり刺激しないように配慮しながら、迅速かつ確実に作業してもらう必要があります。
    また、特殊清掃を伴う作業の場合は、細部まで自発的に目や心を配れる業者でないと、清掃残りなどがあっては後に大きな問題になってしまいます。

    もしも対応の丁寧さと見積もり料金でどちらかの遺品整理業者に迷うような時には、必ず対応の丁寧な業者の方を選ぶべきです。

    遺品整理のよくあるトラブル

    6-3. 返事が早いこと

    遺品整理の期限が迫っていたり、急に必要になることもあるでしょう。
    夜間や休日でも担当者に連絡が取れたり、見積もりを受けてくれる業者は、遺族の立場で考えてくれるところと言えます。
    先述した対応の丁寧さと合わせて、これらはどれだけ遺族ファーストで対応してくれるかの目安になります。
    少しでも違和感を覚える場合は、その業者には頼まない方がいいでしょう。

    6-4. 現地を見て見積もりを出してくれること

    見積もりは、必ず現地を見たうえで出してくれる業者に依頼しましょう。

    電話やメール、見積もりフォームだけでは、正確な数字は出てきません。
    そもそも部屋の大きさに対して荷物が多いのか少ないかの判断は、素人には主観でしか言えませんし、回収に費用のかかる不用品などは、こちらが申し込みの際に気がつかなければ伝えることもできません。

    お互いの考え違いを防ぐためにも、必ず現地を見て見積もりを出してくれる業者を頼りましょう。

    遺品整理のよくあるトラブル

    6-5. 相場料金であること

    第3章で挙げた、間取り別の全国の遺品整理料金相場をもう一度ご紹介します。

    遺品整理の料金相場

    この料金一覧はあくまでも目安ですが、見積もりを出してもらった際に、あまりにも金額が相場と違いすぎるところは、必ず理由を問い合わせましょう。

    実際の遺品整理が始まってから、現場であれこれと追加されても断ることができないものです。
    安いからと飛びつかず、また逆に高い場合は希望していないオプションがついている場合もありますので、本当に必要な作業かどうかを身内と相談して確認しましょう。

    遺品整理の助成金詐欺に注意

    7. 迷ったら遺品整理業者を利用しよう

    迷ったら遺品整理業者を選ぶ

    遺品整理はもともと、故人に対する気持ちが落ち着いたところで、遺族がゆっくりと時間をかけて行うことのできるものでした。
    しかし昨今の高齢化や単身化により、自分たちの手だけで行うことは難しくなっており、この先も業者を利用することの方が一般的になるでしょう。

    気持ち的にもナーバスになりがちなところですが、だからこそ、自分たちだけでやるか業者に依頼するか、迷った場合は業者を利用することをおすすめします。

    遺品整理業者の利用をおすすめする理由は、大きく以下の3つです。

    ・早く終わる
    ・処分するものを間違えない
    ・肉体的な負担が減る

    順に詳しく見ていきましょう。

    7-1. 遺品整理業者を頼った方がいい理由①:早く終わる

    遺品整理において、自分で行う際にもっとも時間と労力のかかる部分は「分類」と「処分」です。

    身内だけで遺品を見て、それぞれ残すものや形見分け品の分類を行うと、故人との思い出に浸りながらつい時間がかかってしまいます。しかし業者に頼めば、テキパキと迅速に分類を進めてくれます

    また「買取」や「不用品の回収」についても、まとめて行えば一気に片付きます。個別の買取業者や不用品の回収業者を比較検討しながら探している間、遺品に囲まれ続ける状態を回避できるのです。

    そして早く済ませるほど、電化製品やブランド品の買取価値も高い状態なので、遺族の助けとなってくれます。

    期限が決まっている場合はもちろんのこと、特に期限のない場合でも、遺品整理はできるだけ早い段階で素早く終わらせておくのが良いでしょう。

    7-2. 遺品整理業者を頼った方がいい理由②:処分するものを間違えない

    特に財産や金品に関するものは、誤って廃棄することがないようにしたいものです。

    遺品整理業者は複数の現場を見てきた経験があるため、書類ひとつを見ても、瞬間的に大事な書類かそうでないかの判断をすることができます。

    また、故人がへそくりとして金品をどこかに隠していた場合なども、遺品整理業者は経験を元に見当をつけて探し当てられることが多いのです。

    遺族に必要になるものをきちんと見つけ出すことで、故人の想いと遺族をしっかりと繋げてくれます。

    7-3. 遺品整理業者を頼った方がいい理由③:肉体的な負担が減る

    遺品整理を行う遺族の精神的な負担は、年末の大掃除や引っ越しとは比べようもありません

    たとえ作業の規模感が同じくらいであったとしても、故人の愛着がこもり、生活を思わせる遺品をひとつひとつ手放していく行為は、時に身を裂かれるほどの精神的な苦痛を伴うこともあるでしょう。

    大型家具の運び出しや清掃など、だれがやっても結果が同じになることについては、せめて肉体的な負担を減らすことで、遺族の心の回復を早めます

    遺族が女性ばかりであったり高齢であったりする場合も、遺族の負担を軽くすることは、多くの故人が望むことです。

    8. 遺品整理は片付け堂にお任せください

    遺品整理の片付け堂

    全国の市町村から認可を受けている、安心の全国ブランド「片付け堂」では、遺品整理士がご遺族の心に寄り添いながら、専門知識と経験を活かした遺品整理のサービスを行っております。

    遺品整理におけるお客様の”困った!”をすべて解決すべく、仕分け作業、供養やお焚き上げ、買取、不用品の処分、特別清掃と言った遺品整理作業の悩みから、遺品整理をした「後」に出てきがちな、リフォームや解体、外構工事までワンストップで対応します。

    確かな知識と技術に裏打ちされた全国統一品質でサービスを提供しているので、遺品整理を安心して任せることができます

    「遺品整理が自分たちの手には負えなさそう」
    「実際にどこの業者に頼めばいいのだろう」

    そうお考えでしたら、まずは「片付け堂」にご一報ください!

    【片付け堂の特徴】

    特徴①遺品整理にまつわる各種資格や許認可を所有

    遺品整理のプロフェッショナルとして遺品整理士の資格を取得しているのはもちろんのこと、遺品を整理した後に不用品となった物の収集運搬においても、全国の市町村から認可を受けています。さらに買取にあたって必要な古物商の許可も取得しているため、遺品整理にまつわるすべての事柄を、適正な手順と体制で行うことができるのです。

    特徴②LINEビデオ通話を使った簡易見積もり

    メールや電話など、素人の口頭では抜けてしまったり説明しづらかったりする現場の状況を、LINEのビデオ通話機能を使って大まかに把握し、簡易見積もりを出すことができます。正確な見積もりは現地を確認したうえで算出しますが、訪問前にプロの目で見たおおよその目安金額がわかるのはうれしいところ。もちろん、LINEでも訪問でも、どちらの見積もりも無料で行います。

    特徴③姉妹ブランドでさらなる高価買取を提案

    遺品整理で買取が発生するのはよくあることですが、高価なものも安価なものも一括買取でまとめて回収され、値段をつけられてしまうケースもあります。片付け堂では、さらなる高価買取をご希望の方向けに、姉妹ブランドである「買取専門リサイクルショップ 買取り堂」での、宅配買取の利用を提案することができます。

    お電話でだいたいの目安料金を問い合わせたい方は、こちらをクリックしてください⬇️

    片付け堂の電話番号

    LINEのビデオ通話を使い、遺品整理したいお部屋の状況を見せたうえで目安料金を知りたい方は、こちらをクリックしてください⬇️

    LINE問い合わせ

    まとめ

    今回は遺品整理について、詳しく解説しました。

    遺品整理とは、故人が生前に所有していたすべての物品を、それぞれどう処分するか適切に判断し処分する作業のことであり、場合によっては以下のように終えるべき期日があることをお伝えしました。

    遺品整理の期日

    たとえ期限がなかったとしても、遺品整理は故人の想いを受け止める最後の機会なので、できるだけ早く行う方が良いでしょう。

    そして遺品整理を自分で行うか遺品整理業者に依頼するかの判断ポイントと、それぞれのメリットについてもご紹介しました。

    自分でやる遺品整理のやり方を詳しくご説明しましたが、遺品整理はかなり大掛かりで負担の大きい作業であることがおわかりいただけたかと思います。
    しっかりと人手や時間を確保し、ひとつひとつコツコツと地道に片付けていきましょう。

    もし遺品整理業者に任せる場合には、トラブルや詐欺などに合わないよう、必ず以下の5つの点を叶えるしっかりした業者を選んでください。

    ・資格を持っていること
    ・対応が丁寧なこと
    ・返事が早いこと
    ・現場を見て見積もりを出してくれること
    ・相場料金相応であること

    あなたの初めての遺品整理に悔いが残らないよう、そして何よりも大切な方を亡くされたあなたの心に少しでも寄り添えるよう、この記事があなたのお役に立てることを祈ります。

その他、ご質問等ございましたら、
以下の「お問合せフォーム」か、お電話にてお問合せください。

  • 受付時間/8:30~17:30 0120-3310-55
  • 友だち追加
  • お見積もり・作業ご依頼フォーム
  • メールでのお問い合わせ