COLUMN

片付け堂コラム

TOP > コラム > 不用品回収 > ゴミ屋敷に住む人の心理状態は孤独感や諦め?抜け出す方法まで紹介
  • ゴミ屋敷に住む人の心理状態は孤独感や諦め?抜け出す方法まで紹介

    ゴミ屋敷に住む人の心理状態と抜け出す方法

    気が付いたらゴミ屋敷になっていた人や、家族や友人、近隣の家がゴミ屋敷になって悩んでいる人も少なくありません。ゴミ屋敷になってしまうのは、心理的な要因が関係していることも多いため注意が必要です。

    この記事では、ゴミ屋敷になってしまう人の心理状態を解説します。あわせて、ゴミ屋敷に住み続けてはいけない理由や抜け出す方法も紹介するので、ぜひ参考にしてください。

     

    目次

    ゴミ屋敷に住んでいる人の心理状態とは?

    ゴミ屋敷に住んでいる人の心理状態とは?

    ゴミ屋敷に住んでいる人は、どのような心理状態にあるのでしょうか。

    孤独や疎外感を感じている

    周りに誰も知り合いがおらず一人で暮らしている場合、孤独感からゴミ屋敷になりやすいといわれています。ゴミに囲まれることで疎外感が薄れるという人も少なくないからです。家族や配偶者を亡くし、孤独が深まることがきっかけになるケースもあります。

    片付けられない自分を正当化しあきらめている

    片付けることに対して拒否感がある人もいます。片付いていなくても構わないという思いがあるため、仕事が忙しくて時間がない、時間があるときにまとめて整理する、と自分を正当化します。しかし、実際には何もしないというケースが多いです。

    物が増えることに喜びを感じている

    買い物癖や収集癖などがある人は、物が増えること自体に喜びを感じるという特徴があります。買い物をすることや手元に物が増えていくことが快感になるため、不要なものであっても捨てられずにゴミ屋敷化が進みます。

    もったいないから捨てられない

    単純に物を捨てることがもったいないという気持ちから、さまざまな物をためこむケースもあります。物に対して特別な愛着や感情をもちやすい人が、このような状態になる場合が多いです。思い出とセットになった品であれば余計に捨てにくくなります。

    汚いものに触れたくない

    汚いものに触れたくないという感情が働き、ゴミやホコリなどを放置している人もいます。精神的な問題、例えば潔癖症などを抱えている可能性もあります。潔癖症は過度に掃除するといった症状だけでなく、汚れたものに一切触れられないということも症状の1つです。

    汚れた環境での生活が気にならない

    ゴミ屋敷では、悪臭や害虫が発生しているケースが多いですが、それらが気にならなくなり掃除をしない人もいます。通常であれば耐えられない環境でも問題なく暮らせるだけでなく、そもそも汚れているという意識がない場合もあります。

    捨てられたゴミをかわいそうだと感じている

    ゴミを拾って集めるなどの収集癖がある人に多い心理です。捨てられているゴミがかわいそう、といった意識が働くため、まるで捨て猫などの動物を拾うような感覚でゴミを家に持ち帰ってしまうケースも少なくありません。

    ゴミ屋敷を作ってしまう理由について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    ゴミ屋敷に業者を呼ぶのは恥ずかしい?心理状態や業者の選び方を解説

    ゴミ屋敷と関係しているかもしれない心理的な要因

    ゴミ屋敷と関係しているかもしれない心理的な要因

    ここでは、ゴミ屋敷と関係している可能性がある心理的要因について解説します。

    過労や過度のストレスを抱えている

    過労や過度のストレスを抱えていることで、無気力になってしまい片付けられないケースがあります。例えば、仕事や家事・育児、介護などで日々忙しく、ストレスや疲れがたまってしまいうつ状態に陥ってしまうことも珍しくありません。そのため、高齢者だけでなく若者や女性であってもゴミ屋敷になることがあります。

    精神疾患を抱えている

    何らかの精神疾患を抱えていることで、片付けや掃除ができずにゴミ屋敷になってしまうことがあります。例えば、強迫性貯蔵症や統合失調症、ADHDなどの可能性も考えられます。精神疾患によっては、物を捨てられなかったり、片付けようとするとパニック状態に陥ったりすることがあるため注意が必要です。

    高齢による認知症になっている

    認知症の可能性も考えられます。認知症は記憶力が低下していく病気ですが、症状の進行に伴って今までできたことができなくなっていきます。そのため、ゴミ出しを忘れてしまうだけでなく、そもそもゴミ出しや片付けができない状態になっている場合もあります。認知症の場合、1人で生活させないようにすることが大切です。

    ゴミ屋敷の住人による心理的な行動

    ゴミ屋敷の住人による心理的な行動

    ゴミ屋敷に住んでいる人が心理的にとりやすい行動について紹介します。

    他人に助けを求めない

    ゴミ屋敷に住んでいる人は、他人に助けを求めない傾向が強いです。自分で解決しようという気持ちがあり、ゴミ屋敷に住んでいることで問題があったとしても相談できない人が多くいます。そのため、いつまでも片付けが進まずますますゴミ屋敷化が進むだけでなく、周囲から孤立してしまうケースも珍しくありません。

    衝動的な行動を起こす

    ゴミ屋敷に住んでいる人は、物を購入する際によく考えるのではなく、衝動や感情に任せて購入してしまうケースも多いです。買い物依存症であるケースもあり、買うこと自体が目的になっていることもあります。衝動に任せて行動しているため、掃除などを計画的に行うことができずゴミ屋敷化が進みます。

    物を出したら出しっぱなしにしている

    物を出したら片付けずに出しっぱなしにしてしまう人も少なくありません。片付けするというしつけがなされてない、または片付けの習慣がないため、そもそも物を片付けるという意識がなく、放置してしまうケースもあります。片付けないことで失くしたと勘違いして再購入し、結果的に物が増えていくという悪循環に陥ります。

    持ち物を減らさない

    ゴミ屋敷に住んでいる人は、必要ないものでも捨てようとしないことが多いです。理由はさまざまですが、物への執着心が強くて捨てられない、まだ使えるのにもったいない、精神疾患が原因でゴミを片付けられないなどが考えられます。たくさんの不用品をためこむことになるため、ゴミ屋敷化が進んでしまいます。

    持ち物の管理をしない

    ゴミ屋敷に住んでいる人は、持ち物を一切管理していないケースが多く、何が自分の自宅にあるのかを正確に把握できていません。そのため、すでに持っているものでも購入してしまうなど、物が増えやすくなります。物の管理ができないのなら、いらない物をまず処分し、必要なものだけを1つの部屋にまとめるとよいでしょう。

     

    ゴミ屋敷に住み続けてはいけない3つの理由

    ゴミ屋敷に住み続けてはいけない3つの理由

    ゴミ屋敷に住み続けることで、どのようなデメリットがあるのでしょうか。

    1.生ゴミ放置による害虫などの発生によって健康を害する可能性がある

    ゴミを放置し続けることで、害虫などが発生します。例えば、ネズミやゴキブリ、ハエやハクビシンといった害虫・害獣が発生し、健康を害するリスクがあります。また、害虫などが発生するとゴミ屋敷である自宅だけでなく、近隣住居にも侵入する可能性があり、被害の拡大や近所トラブルに発展する恐れがあります。

    2.生ゴミ腐敗による悪臭被害など周囲の住民にも迷惑がかかる

    ゴミ屋敷では、食べかけや飲みかけでカビが生えた飲食物、腐敗した食べ物、食べ終わった後のカップやコンビニ弁当の容器など、さまざまなゴミが放置されています。そのため、悪臭が発生する原因となります。ひどくなれば、周囲にも悪臭が漂うため周辺住民からの苦情が増えてトラブルになるケースもあります。

    3.ホコリなどが蓄積して火災を発生する可能性がある

    ゴミ屋敷では、日常的に掃除をしないことで大量のホコリがたまります。ホコリは火災の原因にもなるため、最悪の場合には自宅で火事が発生する恐れがあります。また、火の不始末などがゴミに引火しやすい、コンセント周りにホコリがたまってトラッキング火災が起こることもあり、注意が必要です。

     

    ゴミ屋敷から抜け出す方法

    ゴミ屋敷から抜け出す方法

    ゴミ屋敷から脱却するためにはどうすればよいのでしょうか。
    ここでは、ゴミ屋敷から抜け出す方法を紹介します。

    人とコミュニケーションをとるようにする

    孤独であることで自己防衛意識が強く働きゴミをためるケースもあるため、できるだけ人とコミュニケーションをとって、孤独感を和らげましょう。家族などのゴミ屋敷で悩んでいる人は、ゴミ屋敷に住んでいる人の話を聞くことを意識します。

    きれいな部屋で生活をしてみる

    一時的でもよいのできれいな部屋で生活してみましょう。ゴミのない快適さやゴミ屋敷の恥ずかしさなどに気づくこともあります。また、高齢者なら1人だと広すぎることに気づき、適切な広さの住居に引っ越すきっかけにもなります。

    ゴミ箱を設けて使用する習慣をつける

    ゴミ屋敷化している部屋には、ゴミ箱が置かれていないケースが多いです。ゴミ箱がないことでゴミを放置しやすくなるため注意しましょう。ゴミ箱を設置して捨てる習慣をつけることは、必要なものとゴミの区別をつけることにもつながります。

    ゴミ屋敷になった部屋を自力で掃除する方法について詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    ゴミ屋敷は自分で掃除できる?6つの判断基準と失敗しない自力清掃法

    プロの業者に依頼する

    多くのゴミを処分するには、数カ月程度の時間が必要になってしまいます。しかし、プロの業者に依頼することで素早く処分でき、自分でゴミを処分しているうちにやる気がなくなるなどのリスクもなくなります。

     

    プロの業者に依頼するのがおすすめな理由

    プロの業者に依頼するのがおすすめな理由

    プロの業者に依頼するメリットは大きく分けて3つあります。

    条例や法律にしたがって処分するから安心

    自分でゴミを処分する場合には、自治体への依頼や指定シールの購入、決められた場所へ自分で運ぶなど決まったルールがあり、多くの手間がかかります。プロの業者に任せれば、ゴミの分別はその地域の条例に従い、法律にのっとって処分してくれるため安心できます。

    業者に任せたほうが安全

    ゴミ屋敷の片づけは危険なこともあります。例えば、大量のゴミが積み重なっている場合には、上から物が落ちてきてケガをしてしまう、害虫や害獣などに噛まれて病気を移される、火災の危険性など、さまざまなリスクが考えられます。プロの業者であれば経験豊富なため、安全性が高いことは大きなメリットです。

    時間や労力を使わなくて済む

    ゴミ屋敷の片付けは、1日程度では終わりません。どの程度のゴミがたまっているかにもよりますが、かなりの時間と手間がかかります。そのため、片付けている途中でやる気をなくしてしまうケースも少なくありません。しかし、プロの業者に依頼すれば時間や労力をかけることなく、部屋をきれいに片付けられます。

    ゴミ屋敷清掃業者の料金やおすすめ業者を詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    ゴミ屋敷清掃業者の料金相場とおすすめの業者5選【比較表有り】

    まとめ

    ゴミ屋敷に住む人の心理状態や抜け出す方法

    ゴミ屋敷化してしまう心理は、孤独感や疎外感、片付ける習慣がない、何らかの精神疾患を抱えているなどさまざまです。ゴミ屋敷から脱却するためには、人とのコミュニケーションをとり、一度きれいな部屋で生活してみることなどが重要です。

    片付け堂では、不用品回収だけでなく、お家に関するさまざまな困りごとを解決できるサービスを広範囲で提供しています。ゴミの整理や片付けなども行いますので、ぜひ一度お問い合わせください。

     

    ■お見積りは無料!お家に関するお困り事をご相談ください

    ■LINEで簡単お見積り!お気軽にお問い合わせください

その他、ご質問等ございましたら、
以下の「お問合せフォーム」か、お電話にてお問合せください。

  • 受付時間/8:30~17:30 0120-3310-55
  • 友だち追加
  • お見積もり・作業ご依頼フォーム
  • メールでのお問い合わせ