COLUMN

片付け堂コラム

TOP > コラム > 不用品回収 > ゴミ屋敷は心の病気が原因?考えられる病気の種類や解決するための方法を解説
  • ゴミ屋敷は心の病気が原因?考えられる病気の種類や解決するための方法を解説

    ゴミ屋敷は心の病気が原因?病気の種類や解決するための方法

    ゴミ屋敷になったのは、本人の性格によるものと考えている人も少なくありません。しかし、実は病気が関係している可能性もあります。ゴミ屋敷化は本人のせいと安易に決めつけず、原因を究明することが重要です。

    この記事では、ゴミ屋敷の原因となる病気や対処法などについて詳しく解説します。

    ゴミ屋敷で悩んでいる人は、ぜひ参考にしてください。

     

    ゴミ屋敷の原因と考えられている主な病気とは?

    ゴミ屋敷の原因と考えられている主な病気とは?

    ゴミ屋敷の原因と考えられている病気は8つあります。
    ここでは、それぞれの病気について解説します。

    ためこみ症

    ためこみ症は別名「ホーダー」とも呼ばれています。モノを過剰に集めたり、ため込んだりすることで安心感を得られる反面、モノを捨てることに悲しみや罪悪感を覚えてしまうという病気です。ためこみ症を発症する原因ははっきりしていませんが、遺伝や幼少期の育ち方などが関係していると考えられています。

    買い物依存症

    買い物依存症とは、現実逃避の手段として買い物を繰り返してしまう依存症の1種です。購入したモノを処分せずに次から次への新しい商品を購入していくため、ゴミ屋敷化が進みます。買い物依存症は、嫌なことや不安なことがあり、それから逃れたいという心理で発症するケースが多いようです。また、比較的若い女性に多い症状です。

    セルフネグレクト

    セルフネグレクトとは、「自己放任」とも呼ばれます。一般的なネグレクトは、子どもや高齢の親などの世話を放棄することですが、セルフネグレクトは自分自身の世話、例えば食事や入浴などがおろそかになります。発症原因は主に、認知症やうつ病、親しい人の死などが挙げられ、危険な状況に陥るリスクが高いため、周囲のサポートが必要不可欠です。

    強迫性障害(OCD)

    強迫性障害は精神障害の一種で、本人の意志とは関係なく、同じ思考や同じ行動を繰り返す病気です。自傷行為や抜毛症なども強迫性障害のひとつとされています。例えば、ゴミ屋敷なのにゴミを捨てられないといった、自分の意志とは異なる行為を繰り返します。また、モノへの強い執着心があることも特徴です。

    ADHD(注意欠陥・多動性障害)

    ADHDは、モノをなくしやすい、注意力がない、落ち着きがないといった症状が出ます。精神的な病気というよりも、発達障害の一種として扱われるケースが一般的です。整理整頓が苦手で、ゴミ捨てのルールが理解できず、ゴミ屋敷化することもあります。また、ADHDは子どもだけではなく、大人でも悩まされている人が多数存在します。

    うつ病

    うつ病とは、気力がまったく湧かなくなる精神障害です。うつ病が発症する原因は、仕事や私生活などで、過度なストレスを受け続けることとされています。無気力状態に陥り、部屋の整理整頓やゴミ出しなどもできなくなって、ゴミ屋敷化が進みます。多くの場合、本人には片付ける気力がないため、業者に依頼して整理することをおすすめします。

    認知症

    認知症は、記憶力が低下していく病気です。物忘れがひどくなりゴミを出したかどうかが分からなくなるだけではなく、自分の意志で行動をするのも困難になっていきます。そのため、ゴミ出しができなくなり、ゴミ屋敷化が進行するケースも少なくありません。高齢者だけの病気ではなく、「若年性認知症」を発症するケースもあるため注意が必要です。

    統合失調症

    統合失調症は、精神分裂症とも呼ばれる精神疾患です。感情・思考・行動がバラバラになってしまう病気で、行動や会話が支離滅裂になるという特徴があります。そのため、掃除をしていても、すぐに別のことを始めてしまうなど、整理整頓や掃除が進みません。部屋が汚いことで自分を強く責めてしまう傾向があるため、業者などに片付けを依頼するのが効果的です。

     

    病気でゴミ屋敷になりやすい人の特徴は?

    病気でゴミ屋敷になりやすい人の特徴は?

    病気が原因でゴミ屋敷になりやすい人には、どのような特徴があるのでしょうか。

    まじめで完璧主義

    まじめで完璧主義な人は、掃除などもしっかりしているというイメージを持たれがちです。しかし意外にも、ゴミ屋敷に住んでいる人の多くは、まじめで完璧主義です。完璧主義の人は、ゴミの分別なども完璧に行わなければいけないという意識が強いため、完璧に分類できないと、そのままためこんでしまい、ゴミ屋敷化が進みます。

    忙しくストレスを抱えている

    仕事や私生活で毎日忙しくしている人も注意が必要です。さまざまなことで忙しく、毎日追われるように生活していることで、ゴミ出しにまで気が回らないケースも多いようです。また、忙しすぎるせいで過労状態になったり、ひどい場合にはうつ病を発症してしまったりするケースもあるため、気をつけましょう。

    物事に執着してしまう

    物事に対して過度に執着する人も気を付けなければなりません。執着心が強すぎると、他人からみるとゴミのようなものであっても、手元に残しておかないと安心できないといった感情が湧きます。その結果、モノを捨てられず、ゴミ屋敷になってしまう可能性が高まります。また、このような性質が強まると、強迫性貯蔵症になるリスクも高まるため注意が必要です。

    ゴミ屋敷に住む人の心理状態や抜け出す方法について知りたい方はこちらの記事をご覧ください。
    ゴミ屋敷に住む人の心理状態は孤独感や諦め?抜け出す方法まで紹介

     

    病気が原因でゴミ屋敷にしてしまう理由

    病気が原因でゴミ屋敷にしてしまう理由

    ここでは、病気が原因でゴミ屋敷化してしまう理由について解説します。

    自分を守り安心感を得るため

    病気によるストレスなどが原因で、自分の身を守りたい、安心感を得たいという感情が強まります。ゴミに囲まれた生活をすることで、外敵から守られているという安心感が得られます。これには、動物的な本能も関係しています。動物は自分のテリトリーとして巣を作りますが、ゴミで囲まれた状態は巣のような状態になり、安心できる場所と認識する傾向があります。

    買うことによろこびを感じてしまう

    モノを買うこと自体に喜びを感じることも理由のひとつです。何らかの買い物をすると心が満たされた状態になるため、衝動的に買い物をしてしまうケースが多くなります。買うことが目的で、使用したり捨てたりしないため、モノがたまっていきます。ストレスで衝動買いするケースもあれば、買い物依存症が原因になっているケースもあるようです。

    生活維持への意欲の低下

    病気が原因で働くことができないなど、心や体に何らかの障害を抱えていたり、経済的な問題で精神的に追い詰められていたりする場合には、掃除や片付けをする意欲が湧きにくくなります。そのため、家の中の整理整頓ができず、ゴミがたまってしまいます。うつ病などの場合には、片付けだけではなく、すべてに関して意欲が湧かなくなるといった症状が出ます。

    片付ける意思があるが片付けられない

    部屋の整理整頓をしたい、散らかっている状況をどうにかしたいという意思はあるものの、モノへの執着心が強くて捨てられない人もいます。病気の症状によっては、モノを捨てることに対して強い罪悪感を覚えたり、パニック状態になったりする可能性もあるため、注意が必要です。

     

    病気が原因でゴミ屋敷になった場合の解決方法

    病気が原因でゴミ屋敷になった場合の解決方法

    病気が原因でゴミ屋敷化が進んでしまっている場合には、以下の解決方法を試してみましょう。

    まずは病院を受診する

    ゴミ屋敷になってしまう原因は、本人の性格などではなく、病気が関係しているケースも少なくありません。そのため、まずは病院を受診して何らかの精神疾患や病気にかかっていないかを解明しましょう。本人が、自分は病気であると自覚しているケースは非常に稀であるため、周囲の人が病院に連れて行くなど、協力が必要です。

    信頼できる周囲の人に病気を打ち明ける

    病気が原因でゴミ屋敷化が進んでいる場合は、信頼できる家族や友人などに病気を打ち明けるのも効果的です。人に話すことで、気持ちが楽になります。また理解者を得ると、自分を責めるようなネガティブな気持ちも軽減される可能性があります。病気を打ち明けることにより、片付けを手伝ってくれる人もあらわれるでしょう。

    片付けを業者に依頼する

    うつ病や統合失調症などのように、ネガティブな気持ちや自分を責める気持ちを抱きやすい病気の場合、部屋が散らかっていることで、さらに自己嫌悪に陥ってしまうケースもあります。そのため、まずは「部屋をきれいにしよう」という意識を持ちましょう。自分では片付けられないケースも多いため、業者に依頼して片付けてもらうことがおすすめです。

    ゴミ屋敷の料金相場やおすすめ業者を知りたい方はこちらをご覧ください。
    ゴミ屋敷清掃業者の料金相場とおすすめの業者5選【比較表有り】

     

    病気が深刻化する前に|ゴミ屋敷を片付ける手順

    ゴミ屋敷を片付ける手順

    ここでは、ゴミ屋敷を片付ける手順について解説します。自分で片付けられるなら参考として、病気などで難しい場合には流れだけでも、あらかじめ把握するとよいでしょう。

    1.害虫駆除をする

    ゴミ屋敷には、ネズミや害虫などが発生している可能性があります。そのため、本格的に片付ける前に、害虫駆除をしておきましょう。片付け前日に殺虫剤などを使用して、室内の害虫を駆除します。

    2.作業範囲を決める

    すべての部屋を一度で片付けるのは難しいため、作業範囲を決めましょう。これは、モチベーションを保つ効果もあります。また、心の病気を抱えている場合には、多くのことを行おうとするとパニックになる可能性もあるため、少しずつ進めます。

    3.仕分け作業をする

    ためこんだモノを、「必要なモノ」と「不要なモノ」に仕分けしていきます。例えば、1年以上使用していなければ不要などと、線引きをしておくとよいでしょう。ただし、ためこみ病や強迫性障害の場合には仕分けが困難なため、サポートが必要です。

    4.粗大ごみを処分する

    粗大ゴミは置いてあるだけでスペースを取ってしまい、掃除が進まないため、処分しましょう。粗大ゴミは業者に回収してもらうのが一般的です。大きなゴミがなくなると、清掃作業がスムーズに進みます。

    5.清掃作業をする

    ゴミが片付いたら、掃除機でホコリを除去しましょう。その後、洗剤などで拭き掃除を行います。汚れがひどく、自分では対処できない場合も多いため、プロの業者に依頼することも検討しておくとよいでしょう。

    ゴミ屋敷を自分でできるか?自力で掃除する方法を知りたい方はご覧下さい。
    ゴミ屋敷は自分で掃除できる?6つの判断基準と失敗しない自力清掃法

     

    まとめ

    ゴミ屋敷は心の病気が原因?病気の種類や解決するための方法のまとめ

    ゴミ屋敷になる原因は、性格などだけではなく、病気が関係しているケースも多数あります。そのため、ゴミ屋敷になりそうだと思ったら、病院を受診するなどの対策が必要です。また、自分で片付けるのが難しい場合には、業者に依頼するとよいでしょう。

    片付け堂では、不用品回収をはじめ、家に関するさまざまな「お困りごと」を解決できる、広範囲のサービスを提供しています。該当の県、および市町村の許認可を取得している専門業者のため、安心して任せられます。不用品にお困りでしたら、ぜひ一度お問い合わせください。

     

    ■お見積りは無料!お家に関するお困り事をご相談ください

    ■LINEで簡単お見積り!お気軽にお問い合わせください

その他、ご質問等ございましたら、
以下の「お問合せフォーム」か、お電話にてお問合せください。

  • 受付時間/8:30~17:30 0120-3310-55
  • 友だち追加
  • お見積もり・作業ご依頼フォーム
  • メールでのお問い合わせ