COLUMN

片付け堂コラム

TOP > コラム > 遺品整理 > 遺品整理の料金相場とは?オプション回収費用のワナ!安い業者の選び方
  • 遺品整理の料金相場とは?オプション回収費用のワナ!安い業者の選び方

    遺品整理の料金相場

    遺品整理に慣れている人はほぼいないため、いざ遺品整理を業者に依頼しようとすると費用についても不安を感じるケースも多いのではないでしょうか。この記事は、遺品を整理したいと考えている人に向け、遺品整理の料金相場を解説しています。料金はどのように決まるのか、安い業者の選び方、おすすめの遺品整理サービス業者などについて解説しているのでぜひ参考にしてください。

    遺品整理サービスとは

    遺品整理サービスとは

    遺品整理サービスは単なる不用品回収と異なり、さまざまなサービスが含まれています。

    遺品処分

    遺品処分は遺品整理のなかでメインのサービスです。遺品のなかから不用品を整理して運び出し処分してもらえます。遺品処分後の簡単な片付けや床の清掃などを含めてサービスを提供している業者も多くあります。

    リサイクル品の買取り・回収(総合型業者のみ)

    総合型の業者では、リサイクルできる家電や家具、貴金属、骨とう品などの買取りもしてもらえます。買取り額を費用から差し引いてもらえる点がメリットです。

    ハウスクリーニング・リフォーム(総合型業者のみ)

    遺品整理後に本格的なハウスクリーニングを行ってくれる総合型の業者もあります。ただし、不用品回収のみを行っている業者では通常依頼できませんので、前もって確認しておく方がよいでしょう。掃除をする時間を取れない人や遺品整理の手間を減らしたい人などにおすすめのサービスです。

    遺品整理の具体的な仕方や内容について知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    「 遺品整理の具体的な内容・仕方|やるべき時期や相場・処分方法を解説

     

    遺品整理の料金相場

    遺品整理の料金相場

    遺品整理のおおまかな料金相場は以下の表のとおりです。ただし、遺品の量や部屋のコンディションなどによって料金は異なります。事前に見積もりを取っておくか、予算に余裕を持っておきましょう。

    間取り 作業人数 時間 費用目安
    1K・1R 2人 1~2時間 3万5,000円~
    1DK 2人 2~3時間 5万5,000円~
    1LDK 3人 2~4時間 8万円~
    2DK 3人 3~5時間 10万円~
    2LDK 4人 2~6時間 14万円~
    3DK 4人 2~7時間 16万円~
    3LDK 4人 5~8時間 18万円~
    4DK 5人 5~9時間 20万円~
    4LDK 5人 8~10時間 22万円~

     

    遺品整理の料金・相場はどう決まる?

    遺品整理の料金相場

    ここでは遺品整理の料金がどのように決まるか解説します。予想外の金額になってしまわないように、また妥当な金額を提示する業者を選ぶために知っておきましょう。

    部屋の大きさ

    遺品整理においては、「1R」「2LDK」など間取りで料金相場を提示している業者が一般的です。通常、部屋の面積や坪数などは使われませんが、費用が増減する可能性は想定しておきましょう。

    不用品の量

    遺品の量も料金を決める重要な条件です。トラックの積載量で料金を提示している業者が一般的です。コンパクトな間取りでも、自宅に物をためこんでいた場合、思わぬ高額費用になることもあるため注意しましょう。

    不用品の種類

    電化製品やパソコンなどリサイクル料金がかかるものが多いと費用が高くなります。家電やパソコンなどの数が多い場合は、あらかじめ見積もりを依頼しましょう。ただし、買い取ってもらえれば逆に費用が安くなることもあります。

    建物・周辺状況

    建物や周辺の状況で料金が上がることもあります。たとえば、マンションの高層階であることや、エレベーターがない建物など運び出しに手間がかかるケースです。家の前が狭い道路でトラックが横付けできない場合も料金が上がる可能性があります。

    オプションサービスを利用するかどうか

    ハウスクリーニングや遺品の供養、お焚き上げなどのオプションサービスを利用すると費用が上がります。特に部屋が不衛生な状態な場合は注意が必要です。マスク着用や消毒の必要があることから、別途料金を請求される可能性があります。

    遺品整理のオプション料金相場

     

    遺品整理のオプション料金相場

    ここでは、ハウスクリーニングやリフォーム、遺品の供養サービスなど、オプションとして提供されているサービスの料金相場を紹介します。

    ハウスクリーニング・リフォーム

    部屋のガンコな汚れやこもった臭いなどを専門的な機器や薬剤を用いて清掃するサービスは、「特殊清掃」と呼ばれています。消臭・消毒サービスも含まれていることが一般的です。特殊清掃は「30~60立法メートル(室内長×室内幅×室内高)」で1万円程度からが相場です。

    リフォーム料金はクロス張り替えが1平方メートルあたり1,250円前後から、畳の交換は6畳で7万5,000円程度からが目安です。

    クリーニングやリフォームの料金は範囲やコンディションによって大きく異なるため、一概にはいえません。まずは見積もりを依頼してみましょう。

    遺品の供養サービスの料金相場

    遺品の供養サービスは、お寺や神社で遺品を燃やしてもらうサービスです。みかん箱程度の遺品で6,000円程度からが相場となっており、燃やした後に供養をしてもらうと1万5,000円程度になります。なお、遺品の供養サービスのみで依頼すると、出張費用が別途かかることもあるため、事前に問い合わせをしておきましょう。

    形見分けの品物の梱包・配送の料金相場

    形見分けの品物の梱包・配送サービスは、形見を受けとる親族などへの梱包・発送を代行してもらえるサービスです。配送料は別途かかりますが、遺品整理の一環として別途料金がかからない業者もあります。

    最安値相場水準で遺品整理をしてもらうためには?

    最安値相場水準で遺品整理をしてもらうためには?

    遺品整理を依頼するなら、できるだけ費用を安くしたいものです。ここでは、遺品整理の費用を抑えるための業者選びのポイントを解説します。

    相見積もりを取る

    2~3社を目安に相見積もりを取り、安い業者を選ぶことがおすすめです。ただし、業者によっては見積もり自体に料金がかかります。まれに極端に安い値段の見積もりを提示し、遺品整理後に追加料金を請求する悪質な業者もあるので注意しましょう。

    家財を買い取ってもらう

    買取りサービスも提供している業者を選ぶと、家財を買い取ってもらい費用が安くなる可能性があります。ただし、査定がいい加減な業者もあるため、買取りサービスの部門があるかどうかチェックしておきましょう。たとえばブランド品のバッグや時計の場合は、査定に大きな差が出ることもあります。

    立ち合いなしの依頼ができる業者を選ぶ

    遺品整理は遺族立ち合いのもと作業を行うことが基本です。しかし、遠方に住んでいる、仕事が忙しいなどで立ち会いが難しい人もいるでしょう。業者によっては鍵を預かり、立ち合いなしで遺品整理してくれるところもあります。交通費や宿泊費などを節約でき、間接的に費用を節約することが可能です。

    ポイント還元がある業者を選ぶ

    不用品回収や遺品整理を行っている業者のなかには、Tポイントなどの電子マネーでポイント還元を実施しているところもあります。遺品の量が多い場合や一戸建ての場合など、額が多くなるほどポイント還元も多く、一部費用が戻ってきます。

    できるだけ自分で処分する

    最も確実な方法といえるのが、業者に依頼する前に、できるだけ自分で物を処分しておくことです。ただし、力の弱い女性や高齢者の場合は、ケガをしてしまうことや体を痛めてしてしまう恐れがあります。無理せずプロに任せましょう。

     

    遺品整理の料金相場だけでは決めてはダメ!信頼できる業者の選び方

    遺品整理の料金相場と信頼できる業者の選び方

    料金が安いことはポイントですが、それだけで選ぶと後悔してしまうかもしれません。ここでは、信頼性が高い業者、本当の意味でコスパが高い業者の選び方を解説します。

    「一般廃棄物収集運搬業許可」「古物商の許可」を受けているか

    遺品整理を請け負う業者のなかには無許可業者も存在します。見積もり前にホームページなどで「一般廃棄物収集運搬業許可」を受けていることを公表しているかチェックしておくと安心です。
    また、業者が不用品の買取りを行うには、管轄の警察署から「古物商」の許可を受ける必要があります。古物商についても確認しておきましょう。

    「遺品整理士」の資格を取得しているか

    遺品整理のプロフェッショナルの資格といえるのが「遺品整理士」の資格です。専門的な知識を持ち、個人情報保護などの面でも安心できます。大切な遺品を信頼できるスタッフに整理してもらいたい場合は、ホームページに在籍の記載があるかチェックしましょう。

    明確な料金プランを公開しているか

    良心的な業者は明確な料金プランをホームページなどで公開しています。完全見積もり制を導入している業者もありますが、実績ある業者でないかぎり、価格を提示していないところは注意が必要です。
    国民生活センターに寄せられている悪質業者による契約トラブルは少なくありません。

    オプションサービスを利用する場合は総合型業者を選ぶ

    遺品整理に加えてハウスクリーニングや遺品の買取りも頼みたい場合には、総合的なサービスを提供している業者を選ぶといいでしょう。他の業者に依頼する手間や時間を節約できます。
    総合型業者でない不用品回収業者の場合、別業者に仲介することで料金が高くなるケースもあります。

    訪問見積もりに応じているか

    訪問見積もりに応じている業者は、通常、追加料金が発生することはなく、安心して依頼できます。訪問見積もりに対応していない業者では、後から高額請求されるなどトラブルが多い傾向があるため注意が必要です。
    また、見積もり金額が必要なのかどうかもチェックしておきましょう。

    遺品整理業者の正しい選び方について知りたい方はこちらの記事を参考にして下さい。
    【遺品整理業者】お勧めの選び方や料金相場は?利用時の注意点も紹介

     

    遺品整理の費用が安いおすすめの業者3選

    遺品整理の費用が安いおすすめの業者3選

    ここでは、遺品整理の費用が安いサービスを提供しているおすすめの業者を3社紹介します。

    片付け堂

    片付け堂

    片付け堂は全国展開している安心のブランドで、遺品整理だけでなくハウスクリーニングや買取り、遺品供養・お焚き上げサービスなどを提供している総合型の業者です。
    全店舗で一般廃棄物収集運搬業、古物商の許可を受けており、遺品整理士も在籍しています。

    利用者の評価が高い主な理由は、専任スタッフによる質が高い遺品整理をはじめとした幅広いサービス、明瞭で低価格な料金体系、無料の訪問見積もりなどです。さらに、姉妹ブランドである「買取専門リサイクルショップ 買取り堂」による高価買取りも期待できます。費用を抑えつつ、遺品整理や家財の売却、清掃などを安心して業者に任せたい人におすすめです。

    遺品整理ロード

    遺品整理ロード

    「遺品整理ロード」は完全見積もり制を採用しています。遺品整理の現場責任者が見積もり担当者というシステムなので、後から追加費用が発生しにくいところが特徴です。
    基本的には物量に合わせて料金が見積もられるため、事前に遺品整理の費用を確定しておきたい人におすすめの業者です。

    キーパーズ

    遺品整理キーパーズ

    キーパーズは買取りサービス、ハウスクリーニングなどを提供している総合型業者です。とくに他の業者より充実しているのが、無料の遺品供養サービスです。
    ゴルフバックや人形、衣類などさまざまな遺品を、僧侶立ち会いのもと専用の供養専用式場で処分してもらえます。

     

    まとめ

    遺品整理の料金相場まとめ

    遺品整理の費用は部屋の広さとコンディション、不用品の量などによって決まります。また、業者によってハウスクリーニングや供養サービス、リフォームなどのサービスも提供しています。
    費用を抑えつつ、丁寧に遺品整理してくれる業者を選びましょう。

    片付け堂は全ての店舗で市町村の許認可を取得しており、明確な料金プランを提示している専門業者です。業界最低水準の費用や無料見積もり、Tポイントの1%還元などお得な料金体系も魅力です。
    遺品整理に関して困っている場合、まずは相談してみてはいかがでしょうか。

     

    ■お見積りは無料!お家に関するお困り事をご相談ください

    ■LINEで簡単お見積り!お気軽にお問い合わせください

その他、ご質問等ございましたら、
以下の「お問合せフォーム」か、お電話にてお問合せください。

  • 受付時間/8:30~17:30 0120-3310-55
  • 友だち追加
  • お見積もり・作業ご依頼フォーム
  • メールでのお問い合わせ